【鳥栖 vs 松本】チアゴ アウベス ブラジル仕込みのテクニックで鳥栖に勝利を!

2019年11月9日(土)


1993年1月12日生まれで、まだ26歳なのだがクラブの在籍数は両手では数えきれない。サントスFCの下部組織出身で、18歳の時にトップチームデビューした。彼の名は、チアゴ アウベス サレス デ リマ(日本での登録名は、チアゴ アウベス)。一歳年上のチームメイトにネイマールがいたこともあり、その実力は早くから評価されていた。その年のリーグ戦では、ネイマールが21試合、チアゴ アウベスが9試合の出場記録があるので、試合でも絡んだことがあるのではないだろう。

翌年から、ブラジル国内で期限付き移籍を繰り返し、経験を積んだ。2015年からは活躍の場を韓国に移し、今年の7月に鳥栖に期限付き移籍をするまでに、サウジアラビアでも清水エスパルスでも経験を積んだ。 

サッカーも文化も異なる地でこれだけの多くの経験を積むことができたのは、それだけの才能を評価されてのことだろうし、順応性も高いといえる。

これだけ多くのクラブを経験したと言うことは、様々なサッカーに触れ、多くの監督に指導を受けと言える。今夏に加入したばかりだが、金明輝(キムミョンヒ)監督が求めるプレーにもすぐに慣れたことだろうし、期待に応えてくれたに違いない。前節は21分間だったが、ピッチでそのテクニックを見せてくれた。今節もそのテクニックを見せてくれるに違いない。ケガも癒えたようなので、期待してもよさそうだ。

今節は、得点も失点も少ない17位の松本が相手だが、勝点差2に迫られている。結果次第では、順位が入れ替わる可能性もあるわけで、12試合連続失点中の現状を抜け出すためには、彼の力が必ず必要となる。

2017年清水在籍時代以来のJリーグでの得点を観たい。

文:サカクラゲン(鳥栖担当)


明治安田生命J1リーグ 第31節
11月10日(日)15:00KO 駅スタ
サガン鳥栖 vs 松本山雅FC
駅前不動産スタジアム(サガン鳥栖)
みんなの総合評価 (4.6)
臨場感 (4.8)
アクセス (4.8)
イベント充実 (4.0)
グルメ (4.1)
アウェイお楽しみ (4.2)

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集

観戦アドバイス大募集!スタナビ「スタジアムグルメ」投稿キャンペーン!

移籍情報