【鹿島 vs 川崎F】先陣を切る。伊藤翔

2019年11月8日(金)


前節の浦和戦、停滞気味だったチームに一本筋が通った。ボールを受けても困ったように次を探す選手はおらず、たとえパスミスとなっても互いに意図が通じ合っている。ゴールは一つしか奪えなかったが、その違いは歴然としていた。

「もともとやっていたメンツにある程度戻ってきているわけだから、共通理解というか誰がどういう風にプレーしたいというのはわかっているつもり。この間の試合もそうだったけどある程度は形が出せてきているんじゃないかと思いますけどね」

前線に立つ伊藤翔は、そのなかでも自分の役割をしっかりと見つめていた。
「よくなかったときは裏へ走る選手がいなかったり、動きが少ないなかで試合をしてたんで、停滞しているというかノッキングを起こしている感じはありました」

だから、自分が率先して走った。その動きに対してボールが出て来なくても走った。自分が走れば浦和のディフェンスラインを引き連れていける。そこに他の選手が入ってくればシュートチャンスや、相手の守備を崩すことにつながる。
「そこは繰り返しやって、自分がボールを触る回数は多くならないと思っていましたけど、それで、まわりの人たちがシュートチャンスがあったり、うまくボールがまわれば」
そう言い聞かせてチームのために走った。

ここからはすべて負けられない試合が続く。その緊張感は両肩に重くのしかかる。だが、優勝するために鹿島に来たFWはそれを楽しんでいた。
「毎試合、プレッシャーがかかるゲームになるんですけど、そういうなかでサッカーができるのはたのしい。残り試合の結果が人生を分けると言ったら大げさかもしれないけれど、結果は天国と地獄ほどの違いがある」

足の裏の痛みはまだ引かない。しかし、「痛み止めの注射を打てばなんとかなる」と、自身初のリーグタイトル獲得に向けて、伊藤は先陣を切って走る。

文:田中滋(鹿島担当)


明治安田生命J1リーグ 第31節
11月9日(土)14:00KO カシマ
鹿島アントラーズ vs 川崎フロンターレ
県立カシマサッカースタジアム(鹿島アントラーズ)
みんなの総合評価 (4.7)
臨場感 (4.8)
アクセス (3.0)
イベント充実 (4.1)
グルメ (4.8)
アウェイお楽しみ (3.5)

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集

観戦アドバイス大募集!スタナビ「スタジアムグルメ」投稿キャンペーン!

移籍情報