【琉球 vs 京都】J2残留を果たした琉球。キャプテン・上里一将が伝えてきたこと

2019年11月9日(土)


「自分たちが(大宮戦で)勝って残留を決めることがベストだったんですが…」。そう前置きした彼は続けて「とにかく琉球がまず残留でき、歴史の1ページを増やせたんじゃないかなと思います。嬉しいですね」と、包み隠さずホッとした表情を浮かべた。

今季ロアッソ熊本から加入し、キャプテンとしてJ2初年度の琉球の先頭に立ち続けた上里一将(写真)。常に声を出すタイプではないが、状況を的確に捉え、その都度声をかけながら引っ張っていくその姿に他の選手からも「カズさんだけに頼らないようにしないと」(徳元悠平)と表するほど一目を置く存在となっている。

だからこその複雑な思いもあったことだろう。チームにJ2を初めて戦う若い選手が多い中、開幕直後こそ勝って勢いづいていたときもあったが、長らく勝てず難しい時期も過ごした。
「最初の頃は僕が言っているだけだった」と、大人しさを感じさせるチームの中でどこまで自分の思いと共鳴し合っているのか。シーズンを通してくすぐったそうにする上里の姿も見られた。

同じ時間を過ごしていく中で自問自答を繰り返しながらも上里はこれまで積み上げてきた経験からアドバイスを送り、勝点1の重みとJ2で戦う術を惜しみなく伝え続けた。すると若い選手からも「自分はこうしたい」という意見が積極的に飛び出してくるようになり反響が感じ取れるようになった。そしてゲームに入れば、上里の活発なコーチングから臨機応援に動きを変えるチームの姿があらわれ、試合ごとに勝利に向かう道筋が見えるようになっていった。

心から「残留できて良かった」と言えるのは、キャプテンとしてのプレッシャーをはねのけ、チームの成長を感じ取ったからこそ。しかしこれからも、試合に100%で挑めるように準備することの大事さを自らの姿で限りなくコミュニケートする。「やるべきことをやらないと全部自分に返ってくる」ということを選手ひとりひとりに伝え「琉球でプレーする意味と自覚」を求めて更に成長を促すことでチーム全体のレベルアップ、そしてクラブのアイデンティティは一層磨かれていくことだろう。

文:仲本兼進(琉球担当)


明治安田生命J2リーグ 第40節
11月10日(日)16:00KO タピスタ
FC琉球 vs 京都サンガF.C.
タピック県総ひやごんスタジアム(FC琉球)
みんなの総合評価 (3.8)
臨場感 (3.4)
アクセス (2.8)
イベント充実 (3.6)
グルメ (3.8)
アウェイお楽しみ (3.7)

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集

移籍情報