【町田 vs 柏】町田が掴みたい自力残留とプラスアルファ 井上裕大が誓う「ファイティングポーズ」

2019年11月15日(金)


残すは2試合。FC町田ゼルビアにとって、16日の柏レイソル戦がホーム最終戦となる。ともかく「勝点1以上」で自力残留が決まる。キャプテンの井上裕大はこう述べていた。

「今年はホームでほとんど勝っていないけれど、最後は応援に来てくれたサポーターや、色んな人と喜びを分かち合えるように、しっかりファイティングポーズを取る。今の状況でどれくらい首位の柏を苦しめられるか、叩けるか、チャレンジャーとして楽しみな部分でもある。襲いかかるくらいの気持ちで試合に入りたい」

昨季の町田は4位でシーズンを終えたが、優勝した松本山雅FCとの勝点差はわずか1。その快進撃は皆さんもご記憶だろう。

また昨年10月にクラブはサイバーエージェントの傘下へ入り、今年9月には念願のJ1ライセンスも取得した。2021年春の完成に向けて、J1仕様のスタジアムと練習施設の整備も進んでいる。

しかし事前の期待感とは裏腹に、今季の町田は現在19位と低迷している。40試合で16引き分けという結果を見れば分かるように、勝ち切ることのできないシーズンだった。

不甲斐ない結果も影響したのだろうが、1試合あたりの平均観客数も昨季から減少し、22チーム中21位にとどまっている。資本金が増えても勝点やクラブの魅力が増すわけではない。

このクラブがいかにJ1に届く地力を身につけるのか。オーナー任せでなく主体的にスポンサーやお客を集める経営主体になれるのか。目下の課題は山積みなのだが、筆者も含めて不要な「安心感」を持ってしまったシーズンだった。

16日のホーム最終戦が、このクラブがハングリーさと勢いを取り戻すきっかけとなることを願いたい。

文:大島和人(町田担当)


明治安田生命J2リーグ 第41節
11月16日(土)14:00KO 町田
FC町田ゼルビア vs 柏レイソル
町田市立陸上競技場(FC町田ゼルビア)
みんなの総合評価 (3.5)
臨場感 (3.2)
アクセス (2.2)
イベント充実 (3.7)
グルメ (4.0)
アウェイお楽しみ (3.4)

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集

観戦アドバイス大募集!スタナビ「スタジアムグルメ」投稿キャンペーン!

移籍情報