【群馬 vs 北九州】群馬FW加藤潤也。孤軍奮闘のアタッカーが「昇格へのラストカード」

2019年11月16日(土)


3位群馬が、ホームに首位北九州を迎える。群馬にとっては生き残りをかけたデスマッチとなる。

士気高まるチームにおいて、加藤潤也(写真)は週明けの練習後、ひとり入念にコンディションを整えていた。群馬は前節八戸戦で先制しながらも追いつかれて、ドローに終わった。2位藤枝が勝利したため、昇格ラインとの差は「3」へ広がった。

加藤は「八戸戦はチームとしてリズムが作れず、個人としても良くなかったので映像も見ていない・・・。次の北九州戦に向けて準備するだけ」と、闘志を内に込めた。

シーズン終盤を迎えて、責任は増している。

群馬は加藤、高澤優也、青木翔大の3トップの攻撃力によって夏以降首位に立った。しかしながら、10ゴールの青木翔、15ゴールの高澤の両ストライカーが相次いで故障離脱。前線の高さと強さを失ったチームは10月以降、勝点を伸ばせなくなった。

前線の駒不足が深刻になる中で、加藤は攻撃の軸として、必死にチームを支えてきた。昨季までは鳥取でプレー、今季、昇格のため、自身の成長のため群馬へ移籍した。開幕当初は、昨季後半のケガの影響で出遅れたが、完全復活するとチームに欠かせない戦力となった。

チームが軌道に乗ったのは、加藤のポジションと役割が確立されてから。加藤は前線のギャップでボールをさばくとともに、ゴール前へ入り込み、得点を重ねた。群馬は8、9月に無敗の進撃を続けたが、攻撃の潤滑油となったのは加藤だった。

攻撃陣の負傷離脱という不運に遭遇した群馬は、最近5試合で1勝3分1敗と苦しんでいる。チームの重心が後ろへ下がる中で、加藤はカウンターの起点として孤軍奮闘、決死のプレーをみせている。サポーターは、彼の右足に願いを込めて、そのプレーを見守っている。

今節北九州戦、加藤は相手の激しいマークを受けることが想定される。だが、屈するわけにはいかない。

「北九州戦は、引き分けも許されないゲームだと思っている。チームとして、個人としてやるべきことをやって、目の前のゲームを取りにいくだけ」

群馬にとって加藤の存在は、昇格へのラストカード。このカードが、大一番で効力を放つ。

文:伊藤寿学(群馬担当)


明治安田生命J3リーグ 第31節
11月17日(日)19:00KO 正田スタ
ザスパクサツ群馬 vs ギラヴァンツ北九州
正田醤油スタジアム群馬(ザスパクサツ群馬)
みんなの総合評価 (3.6)
臨場感 (3.3)
アクセス (2.7)
イベント充実 (3.4)
グルメ (4.2)
アウェイお楽しみ (3.7)

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集

移籍情報