【明治安田J3 第31節】首位・北九州がJ2復帰へ大きく前進!4位・熊本が勝点54で3位・群馬に並ぶ

2019年11月17日(日)

八戸 2-0 富山|ダイハツスタジアム


今季初先発の高見啓太(写真)が起用に応える先制ゴールを27分に決めた八戸は、35分に國分将のJリーグ初得点でリードを広げて3試合ぶりの勝利。5位の富山にとっては手痛い黒星となりました。

秋田 3-0 G大23|ソユースタジアム


秋田は63分の藤山智史、68分の前山恭平の連続得点で一気に2点をリード。さらに終了間際に韓浩康(写真左)がJリーグ初得点を決めて2連勝。G大23は8試合ぶりの無得点に終わりました。

長野 1-0 沼津|長野Uスタジアム


50分、右CKから下口稚葉(写真右)がJリーグ初得点を頭で押し込んで長野が先制。沼津の猛攻を最後までしのぎ切って2連勝を果たしました。一方、沼津は5連敗を喫しました。

藤枝 0-1 C大23|藤枝総合運動公園サッカー場


スコアレスドローが濃厚となった90+2分、C大23の斧澤隼輝(#36)が果敢に放った一撃がDFに当たってコースが変わり劇的な決勝点に!藤枝は痛恨の敗戦を喫するも2位をキープしました。

鳥取 1-2 福島|とりぎんバードスタジアム


9分に田村亮介(#23)が鮮やかな先制ミドルを決めた福島は、32分に武颯が今季14点目となる追加点。後半に1点差に詰め寄られるも逃げ切りました。6位の鳥取は反撃及ばず、苦境に立たされました。

讃岐 1-0 相模原|Pikaraスタジアム


両チーム無得点で迎えた82分、讃岐は交代出場の重松健太郎(#19)が切り返しから技ありの一撃で見事に決勝点を奪取!10試合ぶりの白星を手にしました。相模原は3連敗となりました。

F東23 2-0 YS横浜|味の素フィールド西が丘


32分にジャエル(写真右)のPKで先制したF東23は、38分にナッタウット(写真奥)が待望のJリーグ初得点で2点をリード。6試合ぶりの無失点に抑えて快勝を収めました。YS横浜は今季初の3連勝ならず。

群馬 0-1 北九州|正田醤油スタジアム群馬


首位の北九州は、36分に髙橋大悟(写真)がカットインからの強烈ミドルで2試合連続先制点。3位の群馬を下し、J2復帰へ大きな勝点3を獲得しました。群馬は2位浮上のチャンスを逸しました。

熊本 2-0 岩手|えがお健康スタジアム


83分に原一樹(写真左)のゴールで均衡を破った4位の熊本は、交代出場の伊東俊(写真右)が90+2分に勝利を決定づける2点目を奪って3試合ぶりの白星。勝点54で3位の群馬に並びました。



本日の試合観戦の記録をスタジアムナビに口コミしてみませんか?美味しかったスタジアムグルメや、楽しかったイベントの様子なども絶賛募集中です!

みなさまの投稿をお待ちしております!

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集

移籍情報