【柏 vs 京都】古巣対戦に臨む染谷悠太。柏は最後まで勝ちにいく

2019年11月23日(土)


前節のFC町田ゼルビア戦で3-0の勝利を収めた柏は、開幕前に掲げていた目標であるJ2優勝を成し遂げるとともに、1年でのJ1復帰を決めた。
だがその町田戦、今シーズンの柏を引っ張ってきた攻守両面のキーマンを欠いていた。一人がケニア代表で不在だったオルンガ、そしてもう一人が累積による出場停止だった染谷悠太である。

移籍1年目にして、染谷が柏で示した存在感は格別だった。春季キャンプの時点でいち早くネルシーニョ監督の要求を理解し、その要求に応えながらも自分の持ち味をいかにして発揮するかという点にクローズアップして定位置を獲得した。
対人の強さや、守備面での戦う強い意識はもちろんのこと、巧みな足技を駆使して攻撃時にはビルドアップの起点になる。染谷はいつしか柏守備陣の大黒柱となり、大谷秀和不在時にはゲームキャプテンを任されたことからも、ネルシーニョ監督とチームメートからの信頼の厚さが窺い知れる。

勝てばJ2優勝が決まる町田戦。出場停止の染谷はスタンドから試合を見つめ、信頼を置く仲間たちに優勝を託した。自分自身は試合には出られなかったが、試合後には「勝てばなんでも良かった。選手としてはピッチに立てれば良かったですけど、レイソルというチームで考えたら、誰が出ても結果を出せるのが大きなところ。優勝できたのは良かった」とタイトル獲得を心の底から喜んでいた。

そして今節は、染谷の出場停止が明ける。しかも相手は古巣の京都だ。そこに関しては「意識はします」と本音を漏らしながらも、彼はこう言葉を紡ぐ。
「古巣対戦だからといって気持ちが入りすぎることがないように、チームの勝利にしっかり貢献できたらいいと思います。サポーターのためにも勝って、最後に良いセレモニーをしたい」

J2優勝とJ1昇格を決めた今、周囲から見れば、柏にとってこの最終戦は消化試合という見方もできる。だが染谷は「ネルシーニョ監督自身が勝つというスタンスですし、選手たち自身も勝って終わるというのが大事。勝って来年につなげていかなければいけない」と、これまでと変わらぬスタンスを貫くことを明言した。

長かった2019年シーズン最後の試合。最終ラインを統率する染谷悠太が帰ってくる柏は、あくまで勝利を目指す。

文:鈴木潤(柏担当)


明治安田生命J2リーグ 第42節
11月24日(日)14:00KO 三協F柏
柏レイソル vs 京都サンガF.C.
三協フロンテア柏スタジアム(柏レイソル)
みんなの総合評価 (4.2)
臨場感 (4.9)
アクセス (3.6)
イベント充実 (3.0)
グルメ (3.3)
アウェイお楽しみ (3.1)

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集

移籍情報