【甲府 vs 琉球】佐藤和弘は危機感を持っていつも通り最終節を戦う

2019年11月23日(土)


前節アウェイで岐阜に3-1で勝利して順位を7位からプレーオフ圏内の6位に上げた甲府。プレーオフ圏で戦う最終節・琉球戦は勝てばプレーオフ進出が決まると言っていい試合だが、ボランチでここまでリーグ戦全試合に出場してきた小椋祥平が出場停止。守備力の高さと攻撃時にチャンスを見極めて運動量を活かせる小椋の出場停止は痛いが、コンビを組んできた佐藤和弘(写真)のバランスを取る能力がポイント。

アウェイ4連勝中、アウェイ6試合負けなしと終盤はそれまでと違ってアウェイで結果が出ている琉球を抑えて勝ち切らないと甲府のプレーオフ進出の可能性は消滅しかねない。アグレッシブなプレーでJ2昇格初年度に残留を早々と決めている琉球戦に向けて佐藤和は「ボランチのバランスを取って2枚が同時に上がらないようにしたい。いつもと変わらず前からボールを奪いに行きたい。最初から構えると東京V戦(1-2●)のようにやられるので、プレスに行きたい」と守る試合ではなく、積極的にボールも勝点3も奪いに行く試合にする意欲が強い。

前節まではプレーオフ圏外から圏内を目指して“勝つしかない試合”を戦ってきたが、今節は圏内で”勝つしかない試合“を戦う甲府。今季のJ2リーグは最終節を前にして昇格争いでは優勝を決めた柏以外は順位が決まっておらず大混戦。この現状を佐藤和は、「プレーオフのことは考えていない。最終節で琉球に勝つことだけ。それを意識しないとやられる。人任せにしないでコミュニケーションを取って責任を持ってプレーしたい」と心に隙を作らないように危機感を高めている。

文:松尾潤(甲府担当)


明治安田生命J2リーグ 第42節
11月24日(日)14:00KO 中銀スタ
ヴァンフォーレ甲府 vs FC琉球
山梨中銀スタジアム(ヴァンフォーレ甲府)
みんなの総合評価 (4.0)
臨場感 (3.5)
アクセス (3.3)
イベント充実 (4.1)
グルメ (4.2)
アウェイお楽しみ (4.0)

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集