【明治安田J2 第42節】横浜FCの13年ぶりのJ1復帰決定!大宮、徳島、甲府、山形が参入PO出場へ

2019年11月24日(日)

山形 1-2 町田|NDソフトスタジアム山形


後半序盤の47分に大槻周平のゴールで先制した山形に対し、町田は79分に下坂晃城の同点弾で反撃の狼煙。89分にはロメロ フランク(写真)が値千金の逆転ゴールを決め、18位で残留を決めました。逆転負けを喫した山形は、6位で参入POに挑むことになりました。

水戸 1-0 岡山|ケーズデンキスタジアム水戸


水戸は42分にゴール前のこぼれ球を瀧澤修平が押し込んだ先制点で岡山を撃破し、J2ホーム通算150勝を達成。勝点を70に伸ばし、6位の山形と勝点、得失点差で並んだものの、総得点数の差で7位となり、涙を呑みました。岡山は終盤の猛攻実らず、9位となりました。

千葉 0-1 栃木|フクダ電子アリーナ


栃木は71分に田代雅也(写真中央)が決めた先制ヘッドによるリードを死守して逃げ切りに成功。勝点40で鹿児島と並ぶも、得失点差で20位に浮上し、残留を勝ち取りました。千葉は2連敗で17位に後退となりました。

13-1 京都|三協フロンテア柏スタジアム

 

前節優勝を決めた柏は、33分の時点で4点をリードするも、まったく攻撃の手を緩めず、オルンガ(写真中央)が圧巻の8ゴール、クリスティアーノのハットトリックなどで記録的大勝で今季を締め括りました。京都は38分に小屋松知哉が1点を返すも、8位に順位を下げました。

東京V 5-1 岐阜|味の素スタジアム


13位の東京Vは小池純輝(写真)がハットトリックの大活躍!レアンドロとジャイルトン パライバもゴールを重ねて最終戦を大勝で飾りました。最下位の岐阜は5連敗でシーズンを終えました。

横浜FC 2-0 愛媛|ニッパツ三ツ沢球技場


32分に皆川佑介のPKで先制した2位の横浜FCは、52分に齋藤功佑(写真)が貴重な追加点を奪取。快勝を収め、自力で2位を確定させ、13年ぶりのJ1復帰を勝ち取りました!3連敗を喫した愛媛は19位に後退しました。

甲府 2-0 琉球|山梨中銀スタジアム


45+2分に曽根田穣(写真)の先制点でリードした甲府は、74分にも曽根田が殊勲の追加点を決めて破竹の4連勝!5位に順位を上げ、参入PO出場を果たしました。初のJ2を戦った琉球は14位でフィニッシュとなりました。

新潟 2-1 長崎|デンカビッグスワンスタジアム


48分にレオナルドが今季28点目を決めて先制した新潟は61分に大武峻(写真中央)が追加点を奪取。ホーム5連勝で10位に浮上しました。長崎は88分に米田隼也が1点を返すも反撃及ばず、12位となりました。

金沢 1-1 大宮|石川県西部緑地公園陸上競技場


3位の大宮は14分にオウンゴールで先制。金沢は今季限りでチームを離れる清原翔平(写真)が交代出場からわずか3分後の71分に惜別の同点弾を決めてドロー。大宮は自動昇格を逃し、参入POに回ることになり、金沢は11位に後退と痛み分けとなりました。

徳島 3-0 山口|鳴門・大塚スポーツパーク ポカリスエットスタジアム


徳島は河田篤秀(写真)の2ゴールで流れを引き寄せると、52分に田向泰輝が3点目を奪って勝負あり。完勝で4位に躍り出て参入PO進出を決めました。15位の山口は4連敗となりました。

福岡 2-1 鹿児島|レベルファイブスタジアム


28分に城後寿(写真右)のゴールで先制した福岡は同点とされるも、72分に山田将之が決勝ヘッドを押し込んで16位に順位を上げました。鹿児島は40分に韓勇太が同点PKを決めるも突き放され、21位に転落。残留の行方は、今後の明治安田J3の結果に委ねられることになりました。



本日の試合観戦の記録をスタジアムナビに口コミしてみませんか?美味しかったスタジアムグルメや、楽しかったイベントの様子なども絶賛募集中です!

みなさまの投稿をお待ちしております!

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集

移籍情報