【湘南 vs 徳島】湘南のヒーローに――山﨑凌吾|湘南ウォーミングアップコラム

2019年12月13日(金)


不思議な巡り合わせを感じないわけにはいかないだろう。2016年から2年半を過ごした徳島とのJ1参入プレーオフを控え、山﨑凌吾は言った。
「いちばん僕を成長させてくれたクラブなので、いろんな想いはあります。でもいまは負けたくないし、勝ちたい」

元チームメイトがたくさんいるのでけっこう試合を観ている、と明かす。リカルド ロドリゲス監督が就任した2017年、自身が夏まで在籍した18年、そして4位に進出した今季と、年々移りゆく古巣の変化を山﨑は感じているようだ。「自分がいたときのサッカーとは全然違うスタイルになっている」と語る。
「僕がいたときはもっと縦に速くアグレッシブに行くチームだった。17年も18年も、フォーメーションや戦い方は違った。リカは選手の個性に合わせながらチームをつくっていく監督なので、今年はよりボールを持ちながら主導権を握って戦っている印象があります」

事実、今季の徳島はリーグ2位のボール支配率が示すとおりポゼッションに優れ、かたやプレーオフの得点シーン然り、カウンターも併せ持つ。対して、「僕たちはいままで見せてきたサッカーをやり続けて相手に圧力をかけながら戦いたい」と山﨑がチームの想いを代弁するように、湘南もまた自分たちのサッカーを余さず傾ける。

選手はもちろん、コーチングスタッフにも知る顔は多い。同じく湘南にとっても、主将の岩尾憲やGK梶川裕嗣をはじめ、かつてともに戦った仲間が徳島には少なくない。互いに想いの深まる戦いとなろう。

「それを含めて楽しみ」古巣との一戦を思い、山﨑は笑みを浮かべ、こう続けた。
「湘南のヒーローになれるように頑張ります」

自分たちらしさを注いで結果を取りにいく。勝利の先に、来季のJ1は待っている。

文:隈元大吾(湘南担当)


J1参入プレーオフ 決定戦
12月14日(土)13:00KO BMWス
湘南ベルマーレ vs 徳島ヴォルティス
Shonan BMW スタジアム平塚(湘南ベルマーレ)
みんなの総合評価 (3.8)
臨場感 (3.6)
アクセス (3.3)
イベント充実 (4.0)
グルメ (4.4)
アウェイお楽しみ (3.9)

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集