J's GOALニュース

 次のページ 一覧前のページ 

【川崎F vs 清水】登里享平の連続ゴールが示唆する新システムの完成度

2020年2月15日(土)


戦術理解度とコミュニケーション能力の高さはチームでも有数で、欠かせない選手の一人である登里享平が、新システムを準備してきたここまでのチームの仕上がりについて次のように述べている。

「(シーズン開幕に向けての)手応えについては、個人的にもそうですしチームとしても、試合をこなすごとに色々なシチューエーションが生まれてきて、その都度話したりして、消化しながらできてました」

練習試合の中で発生した課題について、チームとして課題を抽出。また選手間でも問題意識を共有し、話し合い、共通理解を深めてきた。そしてそんなチームの中で登里自身は好調を維持してきている。その証左として挙げたい記録の一つが練習試合での2連続ゴールだ。

2次に渡る合宿中川崎Fは練習試合を6試合消化。その中でも5試合目にあたる北九州戦と6試合目の札幌戦で登里は1点ずつ得点。新システムに挑戦するチームにあって、鬼木達監督が目指すスタイルを実現すべく結果を出してきた。

ちなみに鬼木監督が目指すスタイルというのは、鬼木監督のシーズン始動日の次の言葉で表されている。

「Jリーグをリードできるような戦いをしたいですし、プラス、自分たちはプロスポーツに関わっているので。とにかく見ている人に喜んでもらえるような楽しいサッカーをしたいと思います」

「見ている人に喜んでもらえるような楽しいサッカー」については色々な解釈が可能だが、あえて定義づけるとすると次のようなものになるだろう。

まずは勝つということ。そしてそのために得点をより多く奪うということ。そのために、ボールを握り続け、相手をハーフコートで押し込み圧倒する。そして球際で激しくアグレッシブに、そしてクリーンに戦う。

「見ている人に喜んでもらえるような楽しいサッカー」というものを仮にこのように定義づけたときに登里の得点が鬼木監督が目指すサッカーの方向性に沿っているのは間違いない。

登里はこの点について「ハイラインじゃないですが、ハーフコートで押し込んで試合しようというところと、アグレッシブに前から追っていく」というスタイルで戦った結果として、よりゴールに近いところにポジションを取れており、それが自身の得点につながっているのだと話す。

練習試合はあくまでも練習試合だが、そこで出た結果は事実でもある。サイドバックの登里が得点を重ねているという事実を持ってチームがいい状態で仕上がってきているのは間違いない。さて、ルヴァンカップ清水戦で川崎Fの2020年シーズンが始まる。どんな戦いを見せてくれるのだろうか。

文:江藤高志(川崎F担当)


JリーグYBCルヴァンカップ 第1節
2月16日(日)14:00KO 等々力
川崎フロンターレ vs 清水エスパルス
等々力陸上競技場(川崎フロンターレ)
みんなの総合評価 (4.3)
臨場感 (4.3)
アクセス (3.7)
イベント充実 (4.5)
グルメ (4.1)
アウェイお楽しみ (4.0)
  一覧  

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集