J's GOALニュース

 次のページ 一覧前のページ 

【湘南 vs 大分】新たな取り組みと充実感――齊藤未月

2020年2月15日(土)


副将となっても基本的なスタンスは変わらない。「いつもどおりやっていればおのずと」齊藤未月は笑みをこぼす。
「毎年そういう自覚を持ってプレーしているし、肩書はそんなに関係ないです。今年は(岡本)拓也くんが初めてキャプテンをやるので、拓也くんの話を聞いたり、いろんなひとの意見を聞いて行動することも大事かなと思っています」

クラブとして初めて3季連続でJ1に臨む今季、湘南は浮嶋敏監督の指揮のもとでリスタートを切った。これまで育んできた湘南スタイルを土台に据えつつ、速攻以外の攻撃の精度を磨くなど新たな取り組みにも着手している。

「いままでの湘南とは少し違う感じだと思う」齊藤は言う。
「新しく入ってきた選手も多いし、以前のままの感覚でシーズンに入るというより、新しいチームに来たというイメージで僕は取り組んできた。もちろん湘南らしさは残っているし、そのなかでいろいろトライすることも多い。すごく充実しています」

齊藤も触れたように、期限付き移籍からの復帰組を含めて14人の仲間が新たに加わった。ざっと半数近くが入れ替わった顔ぶれのなか、いずれ劣らぬ個性が集い、競争力はさらに増している。

なかでも齊藤が位置する中盤は激戦区だ。
「いろんなタイプの選手がいるので、敏さんが決めることですけど、相手によっていろいろ変えたり、交代選手で変えたりもできると思う。チームの戦術に馴染むことプラス、競争に勝つこともひとつ大事だと思っています」

仲間との切磋琢磨とチームとしての新たな取り組みはしかし、プレイヤーとしての幅を広げるに違いない。「ボールを奪う能力をもっと上げられると個人的に思っているし、攻撃に参加する回数も多くなってくると思う」齊藤は語る。東京オリンピックが控える今季、チームも自身も深みを増すシーズンがまもなく開幕する。

文:隈元大吾(湘南担当)


JリーグYBCルヴァンカップ 第1節
2月16日(日)15:00KO BMWス
湘南ベルマーレ vs 大分トリニータ
Shonan BMW スタジアム平塚(湘南ベルマーレ)
みんなの総合評価 (3.8)
臨場感 (3.6)
アクセス (3.3)
イベント充実 (4.0)
グルメ (4.4)
アウェイお楽しみ (3.9)
  一覧  

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集