J's GOALニュース

 次のページ 一覧前のページ 

【仙台 vs 名古屋】戻ってきた佐々木匠が、仙台の勝利への道を切り開く

2020年2月21日(金)


ベガルタ仙台が、ユアテックスタジアム仙台に戻ってくる。そして、佐々木匠も、ユアテックスタジアム仙台に戻ってくる。

ジュニア時代から仙台のアカデミーで育ち、ユアスタでは客席から応援したこともあれば、ピッチ脇で運営の手伝いをしつつチームを見守ることもあった。そして2種登録選手を経て、2016年にトップチーム昇格。2017年4月12日のJリーグYBCルヴァンカップグループステージ第2節・磐田戦では、ユアスタでプロ初ゴールを決めた。

それから約5ヶ月後、徳島への期限付き移籍を決断。仙台生まれの仙台育ち、「自分が仙台を離れてプレーするイメージがまだなかった」と当時は話していたが、経験を積み、さらにスケールアップすることを目指し、徳島、讃岐、山口で2年半に渡り戦ってきた。

リーグ内での立ち位置も、チームのスタイルも、環境も異なるクラブで磨いたものは、持ち前の足下の技術だけではない。「チームが苦しいときに助けられるような存在に、どうしたらなれるのかと考えることが増えた」という佐々木は、持ち前の技術だけでなく、心身の強さを磨いていた。山口から仙台へ戻ることを決めたときには、「お世話になった方々から、人間性の成長について評価していただいて……嬉しかったし、それをこれからも生かさなければと思いました」。仙台に戻り、武者修行の成果を見せようと心する。

2020年の明治安田生命J1リーグの開幕戦で戦う相手は、名古屋。佐々木が2種登録選手時代の2016年に、初めてベンチ入りしたときの相手でもある。しかしそれを懐かしむ前に、今の佐々木はチームを支える力になるというミッションがある。

リーグ戦開幕に先立ち、16日に行われたルヴァンカップグループステージ第1節・浦和戦で、佐々木は先発出場した。しかし2-5の結果に終わり、試合後は「チームとして表現できたこともあったけれど、自分は決定機で外してしまった。あれを決められていたら、試合も変わっていました」と責任を背負った。次こそチームの勝利に貢献する力になろうという思いは、強い。

攻撃的ポジションに多くの新戦力も加わり、チーム内競争は激しい。佐々木はそれを勝ち抜き、成長した姿を見せられるか。「名古屋は堅いサッカーをしてくるので、相手のポジションにずれを作るために、頭を使いながら動きたい」。ユアスタに戻ってきた背番号28が、仙台の勝利への道を切り開く。


文:板垣晴朗(仙台担当)


明治安田生命J1リーグ 第1節
2月22日(土)14:00KO ユアスタ
ベガルタ仙台 vs 名古屋グランパス
ユアテックスタジアム仙台(ベガルタ仙台)
みんなの総合評価 (4.4)
臨場感 (4.7)
アクセス (4.8)
イベント充実 (3.8)
グルメ (3.8)
アウェイお楽しみ (3.6)
  一覧  

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集