【岩手 vs 秋田】J1を知る男・森下俊がチームの基準を上げ、J2へ導く

2020年6月26日(金)


今オフ、クラブ史上最大の補強を行った岩手。上位カテゴリー経験者を数多く獲得し、各ポジションの質も層も大幅に増した感があるが、中でも大きな期待と注目を背負うのが森下俊だ。
 
森下は長きにわたって在籍した磐田を離れ、カテゴリーを2つ下げて岩手への加入を決断。その裏には強い信頼関係で結ばれた師弟関係があった。
「アキさん(秋田豊監督)から直接電話をいただいて『岩手の監督をやるんだけどどうだ?一緒にやらないか?』と。その一言で決心して移籍を決めました」
磐田で出番を得られず、京都に期限付き移籍した森下。そこで秋田監督と出会ったことが、彼のサッカー人生の転機となった。
秋田監督は京都時代を振り返り「練習前も下を向いていてネガティブな部分が目立ってましたね」と口にする。森下自身「若さ、焦り、自分でいっぱいいっぱいな時期でした」と話すが、その後試合に起用され始めると、メンタル面も大きく成長。リーダーシップを発揮するようになり、今季は新天地でキャプテンとしての役割も担う。
 
長年培った経験値、そして能力の高さもさることながら、森下がチームに与える最たるものは秋田監督いわく「J1の基準をチームに示してくれること」だという。「彼がいるのといないのとではチームの締まりが全く違ってくる」と付け加えるほど指揮官から絶大な信頼を寄せられる森下は、チームの目標であるJ3優勝、そしてJ2昇格の鍵を握る存在だ。新主将は監督への恩返しを胸に、ピッチに降り立つ。


文:高橋拓磨<cross Line>(岩手担当)


明治安田生命J3リーグ 第1節
6月27日(土)15:00KO いわスタ
いわてグルージャ盛岡 vs ブラウブリッツ秋田
いわぎんスタジアム(いわてグルージャ盛岡)
みんなの総合評価 (4.0)
臨場感 (4.9)
アクセス (3.7)
イベント充実 (3.6)
グルメ (3.8)
アウェイお楽しみ (3.4)

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集