【松本 vs 甲府】『1年でのJ1復帰』のため、藤田息吹の理想は高く

2020年7月3日(金)


新型コロナ禍にともない、長らく中断していた明治安田J2がようやく再開。その初戦、松本はスコアレスドローに終わったものの、アウェイでの勝点1は決して俯くような結果ではない。しかし開幕前に掲げた『1年でのJ1復帰』という目標の変わっていない松本としては、喜べるものでもなかったようだ。「勝点1は満足していない。勝点3を取らないといけないゲームだった」と総括する、藤田息吹の言葉こそチームの総意だろう。

中断期間中はトレーニングマッチすら簡単には行えない状況とあって、4ヶ月ぶりとなる公式戦が難しかったのは事実だろう。特に試合勘やゲーム体力の面で顕著に表れており、「お互いに後半はミスが多くなったことで、オープンな展開になってしまった。もちろん言い訳にはならないですけど、もっと精度高くやらないといけなかった」と唇を噛む。

もちろん同カテゴリーのチーム相手に、90分間ずっと主導権を握り続けることはできない。それでも良い時間帯と悪い時間帯がハッキリしていたことは気になる。試合開始直後は金沢を自陣へと押し込み、積極的にゴールを狙う場面が続いたものの、疲れの見えてきた後半は金沢のカウンター攻撃に苦しんだ。「リスクマネジメントのところと、クロスを相手GKにキャッチされてカウンターという場面があったので、そこは改善していきたい」。中盤の要として堅守を担う立場だからこそ、自然と理想も高くなる。

今節の対戦相手の甲府については、「かなり丁寧にボールを繋いできて、その上で攻撃力のある外国人選手や、技術のある選手が揃っている」と警戒する。確かに前節・新潟戦で2得点をあげたドゥドゥやジュニオール バホス、ラファエルといった外国籍選手は脅威。くわえてハーフナー マイクや泉澤仁、金園英学に松田力など特長の異なる実力派アタッカーが居並ぶ。集中を切らすようなことがあれば、大量失点もありえる強豪だ。だからこそ、「まずは自分たちが金沢戦で出た課題を反省して、甲府戦で活かせるようにやらないといけない。何よりホームゲームなので、勝点3を取れるような戦いをしたい」と言葉に力をこめた。


文:多岐太宿(松本担当)


明治安田生命J2リーグ 第3節
7月4日(土)18:00KO サンアル
松本山雅FC vs ヴァンフォーレ甲府
サンプロ アルウィン(松本山雅FC)
みんなの総合評価 (4.4)
臨場感 (4.8)
アクセス (3.0)
イベント充実 (3.5)
グルメ (4.0)
アウェイお楽しみ (3.9)

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集

移籍情報