【山口 vs 愛媛】「再開後の最初の3試合が重要」武岡優斗が見据える2020年のシーズン

2020年7月4日(土)


加入発表は開幕まであと約2週間に迫った2月10日。チームに最も遅く加入した武岡優斗が、開幕の京都戦、再開初戦の岡山戦に先発出場し、存在感を増している。

武岡にとって準備期間が短かった開幕戦の後、リーグは4カ月もの中断期間に入った。チーム戦術の理解度を上げるいい機会になったのではと聞くと「チームに合流した時点でプレーモデルや目指すサッカーは理解できていたので、とくに認識は変わっていない」と百戦錬磨のベテランらしい言葉が返ってきた。

その中断期間を「スポーツをしてる場合じゃないような気がして、今年はもうJリーグは再開しないかもしれないと思っていた」と振り返る。

6月17日に入籍。24日には34歳の誕生日を迎えた。ファン・サポーターだけでなく、前所属チームのマスコットキャラからも祝福されるほど、広く深く愛されている選手だ。

「リーグが再開して本当に良かった」と笑顔を見せるも、過密日程となる今後を見据え「今季は未知数なところが多く、取りこぼしが例年以上に響いてくる。週末のリズムでやれる再開後の3試合で、どれだけ勝点を取れるかが大事になる。3試合で勝点7以上はマスト。その3試合でどれだけ勢いに乗れるかが、今シーズンを戦う上で重要だと思う」と冷静に分析する。

再開後の3試合で勝点7以上がマスト――。山口は前節、岡山から2点のリードを奪いながらも追いつかれて引き分けた。武岡の言葉を借りて言うならば、愛媛との“オレンジダービー”には絶対に勝たなければならない。

勝利へ、そして昇格へ、狂いたまえ。GO CRAZY!

文:田辺久豊(山口担当)


明治安田生命J2リーグ 第3節
7月5日(日)19:00KO みらスタ
レノファ山口FC vs 愛媛FC
維新みらいふスタジアム(レノファ山口FC)
みんなの総合評価 (3.9)
臨場感 (3.6)
アクセス (3.2)
イベント充実 (3.7)
グルメ (3.6)
アウェイお楽しみ (3.7)

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集