【八戸 vs 岩手】新たなリーダーとして期待される村瀬勇太。「チームが苦しい時に引っ張っていけるように」

2020年7月4日(土)


1月のチーム始動から沖縄、千葉でのキャンプを行い、チーム作りを進めてきた八戸。その中で存在感を示していたのが今季、奈良クラブから加入した村瀬勇太だった。

トレーニングマッチでは、4-3-3のインサイドハーフにポジションをとると、最終ラインからのボールを引き出し、長短の正確なキックを活かした中盤での組み立ての他、アタッキングサードでは複数の連係から決定的なラストパスでチャンスを演出するなど、その能力を発揮。ラインメール青森FC、奈良クラブで共にプレーし、1年半ぶりに共闘するキャプテン近石哲平も「後ろから見ていて『そこに出す!?』というパスに驚く自分を思い出しました。試合の流れを読むこともそうですし、味方の状況を見てプレーしてくれるので、めっちゃ助かります」と厚い信頼を寄せる。

福島との開幕戦では、キャプテンマークを巻き先発フル出場。試合は、攻守の入れ替えが激しい展開となった前半に2失点。後半は交代枠を使い切り、システムも変えながら反撃を試みるもゴールが遠く、そのままタイムアップとなった。
「開幕戦ということでみんな硬かったですし、ボールを奪っても前への意識が強く、単調な攻撃になってしまいました。その流れを変えることができなかったですね。横を使うことで前がありますし、そこを自分がコントロールしたかったです」と試合を振り返り自身の修正点を挙げる。

この試合がJリーグのデビュー戦、初のJ3の舞台に「もちろん、やれる自信はあります。でも、まだまだ。もっとやらなきゃいけないです。バタバタした時に落ち着かせることもそうですし、チームが苦しい時に引っ張っていけるようにしたいですね」と手応えを感じつつも自身のさらなる成長を誓う。
新加入ながらリーダーとして期待される村瀬。その能力の高さとリーダーシップはチームの重要な力となるだろう。

文:芳賀広太郎<AOMORI GOAL>(八戸担当)


明治安田生命J3リーグ 第2節
7月5日(日)13:00KO プラスタ
ヴァンラーレ八戸 vs いわてグルージャ盛岡
プライフーズスタジアム(ヴァンラーレ八戸)
みんなの総合評価 (3.6)
臨場感 (4.8)
アクセス (2.5)
イベント充実 (3.0)
グルメ (3.7)
アウェイお楽しみ (3.5)

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集