【YS横浜 vs 富山】目標とする一桁順位の達成へ。DF宗近慧が臨むホーム開幕戦

2020年7月4日(土)


先週に開幕した明治安田生命J3リーグ。YS横浜のシーズン開幕戦は相模原との“神奈川ダービー”で幕を開け、スコアレスドローの発進となった。相模原戦を「上手くいかない時間も多く、自分たちの意図したプレーをすることが少なかった」と振り返ったのはDFの宗近慧だ。この試合は、アクシデントによりDF陣が試合途中に入れ替わる難しい局面を迎えたものだったが、それでも宗近はフル出場を果たし、「無失点で終えられたことは良かった」と勝点1獲得に貢献している。

今節・富山戦はYC横浜にとってホーム開幕戦だ。昨季はクラブとして初となるリーグ12勝、53得点を記録したYS横浜だが、その攻撃的なスタイルは今季もチームの売りの一つ。宗近は、そのリーグ屈指の攻撃陣を後方から下支えする役割を担う。

一方で、攻撃的スタイルをチームの信条とする傍ら、昨季の総失点数は『65』と少し多めだ。失点数の減少は、クラブスローガンに『+1』を掲げて、昨季からのより一層の上昇を望むクラブの今季に向けた大きなテーマでもあるだろう。「(相模原戦は)守備的なマインドを強く持って試合をしたため、ピンチの数を少なくすることはできた」と宗近は話す。富山戦で狙う今季初勝利にも、“チームとして意図する形の守備”は、必要不可欠となりそうだ。

法政大を卒業し、2015年からYS横浜に在籍する宗近はクラブ在籍6年目の28歳。チームの守備リーダーは、ホーム開幕戦に向けて「アグレッシブに攻撃も守備もやりたい」と意気込んでいる。チームを指揮するシュタルフ悠紀リヒャルト監督が「必ず一桁順位を達成したい」と宣言し、始まった今シーズン。宗近の躍動には、是非とも注目して欲しい!。

文:岩波陽平(YS横浜担当)


明治安田生命J3リーグ 第2節
7月5日(日)17:00KO ニッパツ
Y.S.C.C.横浜 vs カターレ富山
ニッパツ三ツ沢球技場(Y.S.C.C.横浜)
みんなの総合評価 (3.9)
臨場感 (4.2)
アクセス (4.0)
イベント充実 (2.4)
グルメ (2.7)
アウェイお楽しみ (2.5)

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集