【明治安田J3 第2節】カターレ富山が3点差からの大逆転勝利!FC岐阜は打ち合い制して初勝利

2020年7月5日(日)

八戸 2-0 岩手|プライフーズスタジアム

八戸は4分に高見啓太のクロスから新井山祥智がクラブのJ3通算50得点目となる先制ヘッドを決めてリード。18分にも高見のお膳立てから安藤翼がJリーグ初得点となる追加点を挙げ、今季初勝利を収めました。

YS横浜 3-4 富山|ニッパツ三ツ沢球技場

29分に宮尾孝一が鮮やかな直接FKで3点目を決めてYS横浜がリードして折り返すも、富山は後半に猛反撃。89分に武颯が起死回生の同点ゴールを決めると、90+3分には花井聖が決勝点。大逆転で今季初白星を掴みました。

長野 3-1 沼津|長野Uスタジアム

23分に東浩史の2試合連続ゴールで先制した長野は、前半の内に沼津に同点とされるも、51分に広瀬健太、76分に三田尚希とゴールを重ねて快勝。ホーム開幕戦を白星で飾りました。

G大23 0-0 C大23|パナソニック スタジアム 吹田

C大23は、24分に波状攻撃からゴールを脅かすも立て続けにポストに嫌われて得点ならず。G大23も後半に入って反撃したものの、大阪ダービーはスコアレスドローに終わりました。

鳥取 2-3 岐阜|Axisバードスタジアム

岐阜が富樫佑太と粟飯原尚平の得点で2点をリードするも、鳥取は坂井大将の連続得点で同点に。しかし、岐阜は63分に川西翔太が華麗に勝ち越し点を決めて打ち合いを制し、今季初勝利となりました。

鹿児島 1-0 讃岐|白波スタジアム

5分、田辺圭佑が直接FKから鋭い一撃をゴール左に突き刺して鹿児島が先制。その後、讃岐に許した決定機もGK大西勝俉を中心に無失点に抑えて、ホームで今季最初の勝点3を挙げました。

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集

移籍情報