【大宮 vs 東京V】ルーキー躍動。攻守に存在感を見せる新星、西村慧祐

2020年7月10日(金)


長い中断が明けた明治安田生命J2リーグ再開初戦の第2節千葉戦。大宮の先発メンバー表で最も目を引いたのは、他でもない西村慧祐の名前であろう。ルーキーの第2節での先発起用は、驚きをもって迎えられた。

その驚きは、試合が進むにつれ別の驚きに変わっていく。本職の守備では、長身を生かし千葉2トップへのハイボールを遮断。攻撃でも「自分の良さ」と自負するくさびのパスをボランチへ、さらにその先へと打ち込み、ダイアゴナルのロングパスで局面を打開する。ここまでやれるのか――新星の登場は見る者を色めき立たせた。

彼も中断期間が転機となった一人である。当初は右センターバックでの起用が多かったが、一度3バックの中央を任されたところから「安定感が出てきた。その後、右に戻してもかなりいい部分が見られるようになった」(高木琢也監督)という。「リーグ再開までの期間で、日々の練習や練習試合での手応えは自分としても感じていた」という西村にしてみれば、必然とも言える千葉戦の先発起用であり、「やってやろうという気持ちでした。程良い緊張感で臨めました」というデビュー戦となった。

続く群馬戦では、左右から浴びせられたクロスにも冷静に対応し2試合連続無失点に貢献。さらにはセットプレーからプロ初ゴールを決めて試合を決定付け、勝利の立役者となった。

デビューからいきなりの活躍ぶりだが、これでレギュラーが確約されたわけではないことは本人ももちろん承知している。「1試合2試合いいプレーをするのは誰にでもできる。大事なのはこれから。これで満足せずに、このいい状態をコンスタントにパフォーマンスとして表せるようにしていきたい」と意気込む。

次節東京V戦は、限られた数ではあるが、ホームNACK5スタジアム大宮に再開後初めて観客を迎えての一戦となる。我慢の続いたサポーターに報いるためにも、お披露目試合を開幕4連勝で飾りたい。


文:土地将靖(大宮担当)


明治安田生命J2リーグ 第4節
7月11日(土)19:00KO NACK
大宮アルディージャ vs 東京ヴェルディ
NACK5スタジアム大宮(大宮アルディージャ)
みんなの総合評価 (4.4)
臨場感 (4.8)
アクセス (4.2)
イベント充実 (3.7)
グルメ (3.3)
アウェイお楽しみ (3.4)

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集

移籍情報