【甲府 vs 金沢】小柳達司、ポジションへの執着を持ち過ぎることなく与えられたサイドバックで勝利に貢献

2020年7月10日(金)


遠い記憶の開幕戦から再開後の2試合を含めて3戦3分の甲府がホームに迎えるのは前節今季の初勝利を挙げた金沢。それも甲府が3-3で引き分けた新潟に5-3で打ち勝っての勝利で、元金沢の小柳達司は「年々強さがついて来ている。柳下(正明)監督のやることは僕がいた頃と変わらないと思う。選手が変わっても局面の強さや走ることなど最後までしっかりやる印象」と評する。

この金沢に対して小柳は右サイドバックのポジションで対することになる今節。ボランチもできるが本職はセンターバックで、「過密日程でこの先どうなるか分からない。ケガ人が出るかもしれない。今季は求められたポジションでやるだけ」とポジションへの執着を持ち過ぎないで再開後2試合連続で先発し、今節も献身的に戦う。

「最初は(アップダウンを求められる)サイドバックで体力面が大変だったけど、体力は戻ってきた。しっかりと守備をしてプラスαのところを出したい。攻撃の作りのところで得点に関わる仕事をしたい。サイドバックができるようになれば体力面ではセンターバックでも問題はなくなる。30歳を超えたけれど対応できると思う」

スピードがある方ではないが、前節の松本戦(1-1△)では深い位置までプレッシャーを掛けてボールを奪うなど試合後に消耗し過ぎて何もできなくなるほど走る小柳。センターバックの選手がサイドバックをやっている感が徐々に薄れてきていて、1対1の強さがもたらせる安定感や上下動を嫌がらない動きがハマってきている。右サイドバックにケガ人が複数出ていることでコンバートされたのが最初の起用理由だったが、試合を重ねるごとに信頼度が増してきた。FWのように目立つ立ち位置ではないが、今季の初勝利のために無失点プラスαのプレーで貢献してくれるはずだ。


文:松尾潤(甲府担当)


明治安田生命J2リーグ 第4節
7月11日(土)18:00KO 中銀スタ
ヴァンフォーレ甲府 vs ツエーゲン金沢
山梨中銀スタジアム(ヴァンフォーレ甲府)
みんなの総合評価 (4.0)
臨場感 (3.5)
アクセス (3.3)
イベント充実 (4.1)
グルメ (4.2)
アウェイお楽しみ (4.0)

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集

移籍情報