【金沢 vs 千葉】加藤陸次樹に心配は無用。自然体で初の有観客ホームゲームへ

2020年7月14日(火)


ルーキーのストライカーが絶対的な信頼を得るにはゴールを積み重ねていくしかない。今年中央大から金沢に加わった加藤陸次樹はここまで4試合すべてに先発しているがノーゴール。この数字だけを見たならば決して信頼を得られるものではないだろう。

だが心配はしていない。

4試合を終えて放ったシュートは8本。デビュー戦となった開幕の岡山戦で0に終わったが、その反省をいかし、その後3試合は毎試合シュートを記録。第2節も第4節も両チーム合わせて最多タイのシュートを放った。決定機もつくっていて、いつか入るだろうという雰囲気と期待感が満ちている。

だから心配はしていない。

「最近、決定機はヘディングばかり。本当は得意だけど、外してばかりなので恥ずかしくて得意とは言えない」と加藤。前節は大橋尚志から、第2節では山根永遠と大橋から絶好のクロスが入った。いずれも決まっていてもおかしくないヘディングシュートを放ったがネットは揺れなかった。「1年目だから頭(思考)のほうも疲れているかもしれないけど、これを乗り越えていけばまた成長する」と柳下正明監督。

指揮官も心配はしていない。

次の千葉戦は加藤が経験する初めての有観客ホームゲーム。どうしてもゴールが入らなかった加藤に必要だったのはホームサポーターから贈られる拍手だったのかもしれない。「サポーターの前で決めたいけど、こう言うとまた力んでしまう。だからチームとして勝ちたい。自分が決めたいというよりもチームとして勝ちたい」。意識しすぎず、自然体で臨む。

舞台は整った。だから心配はしていない。


文:村田亘(金沢担当)


明治安田生命J2リーグ 第5節
7月15日(水)19:00KO 石川西部
ツエーゲン金沢 vs ジェフユナイテッド千葉
石川県西部緑地公園陸上競技場(ツエーゲン金沢)
みんなの総合評価 (3.5)
臨場感 (2.9)
アクセス (3.1)
イベント充実 (3.7)
グルメ (3.8)
アウェイお楽しみ (3.8)

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集

移籍情報