【栃木 vs 大宮】古巣戦に臨戦態勢の塩田仁史。「倒せば勝点が縮まり、僕らも上位に食い込んでいける」

2020年7月14日(火)


前節、栃木はアウェイで千葉に1対0、今季初勝利を挙げた。無失点でゲームを締めるのも今季初めて。栃木が目指すアグレッシブな守備ができているチーム状態について、GK塩田仁史も手応えを口にする。
「中断期間中は環境的な問題もあり、トレーニングマッチも一人あたり90分間を経験することができなかった。今は試合を重ねるごとにみんなのコンディションが上がっているのがわかります。前節の千葉戦も、後ろから見ていてみんなが2回、3回とボールを追えているし、いいですね」
塩田自身は前節、相手のクロスボール攻勢に冷静に対処し、チームを落ち着かせる役割を担った。
「ゲーム勘は戻ってきているし、毎試合いい準備ができていますが、周りに助けられている側面も大きいです。うちのセンターバック陣は強いですから、クロスに対して簡単にはやられない。自分が出るべきところで出ることに集中すればいいので、ありがたいですよ」

初勝利、初のクリーンシートという結果を引っ提げて、次節はホームに開幕4連勝中の大宮アルディージャを迎える。塩田にとっては昨季まで5年間も在籍した古巣だ。
「知り合いが多いので、変な言い方ですけど、紅白戦のようなイメージかもしれませんが(笑)、そこはあまり意識することなくプレーできれば」
塩田が思い描くのは、古巣の首位大宮を撃破し、自分たちも上位争いへというシナリオだ。
「相手は首位なので倒せば勝点が縮まり、僕らも上位に食い込んでいける。大事な一戦になります。(大宮の)高木監督は去年一緒に闘っているし、戦術のイメージはあるので、しっかり選手たちに伝えて準備します。前節以上にアグレッシブに戦い、うちのペースに引き込みたいと思います」


文:鈴木康浩(栃木担当)


明治安田生命J2リーグ 第5節
7月15日(水)19:00KO 栃木グ
栃木SC vs 大宮アルディージャ
栃木県グリーンスタジアム(栃木SC)
みんなの総合評価 (3.8)
臨場感 (4.2)
アクセス (2.9)
イベント充実 (3.3)
グルメ (4.0)
アウェイお楽しみ (3.4)

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集

移籍情報