【水戸 vs 松本】『違い』を見せる背番号10。山口一真が抱くゴールへの強烈なこだわり

2020年7月14日(火)


「これが山口一真だ!」
そう言わんばかりの強烈な一撃だった。
前節山形戦、0対1のビハインドで迎えた67分。ピッチに立って6分後にその場面は訪れた。左サイドで外山凌からのパスを受けた山口は鋭いターンで中央に切り込み、そのまま右足を一閃。スピードに乗った弾道はGK頭上でドライブしながら、ゴール右隅に突き刺さった。

山口は大きなガッツポーズを見せた。
「自分の得意の形で、プロになってからずっと練習していました」
そう誇らしげに語った山口だが、昨季まで在籍した鹿島アントラーズ時代にはなかなか決めることができず、「なんでなんだ?」と悩んだ時期もあったという。それでも練習を続けたことによって、生まれたゴールである。「監督からはゴールというのを口酸っぱく言われていましたし、練習の時から常にどういう形でゴールを決めるかということを考えているし、毎日寝る前にもイメージしてきた」結果、「自分の形を証明することができた」と充実した表情を見せた。

大学時代は関西大学1部リーグで3度アシスト王に輝いた実績を誇る。それだけにチャンスメイカーとしての印象が強いものの、山口は「ゴールにもこだわっている」と言い切る。「自分に対してあまり得点のイメージはないかもしれませんが、そのイメージを払拭したい。自分がゴールを取れば、チームが勝つ確率が上がる。なので、二桁得点を決めて、チームをJ1昇格に導きたい」と強い口調で語った。

リーグ再開後3試合で1得点2アシストを記録。リーグ中断中に負傷した影響で途中出場が続き、3試合での出場時間は81分にとどまっていることを踏まえると、上々の結果と言えるだろう。だが、この結果に満足も納得もしていない。
「まだまだ自分が思い描く山口一真になれていない」
険しい表情でそう口にする。
ただ、けがも癒え、「コンディションは上がっている」(山口)。本領発揮はここからだ。

「やっぱり日本代表にも入りたいし、海外でもプレーしたい。水戸から世界に羽ばたく。そういう覚悟で水戸に来ました。だからこそ、ここで『違い』を見せないといけないんです」
野心に満ち溢れる背番号10が、チームと自分の未来を切り開くためのゴールを狙い続ける。


文:佐藤拓也(水戸担当)


明治安田生命J2リーグ 第5節
7月15日(水)19:00KO Ksスタ
水戸ホーリーホック vs 松本山雅FC
ケーズデンキスタジアム水戸(水戸ホーリーホック)
みんなの総合評価 (3.7)
臨場感 (3.3)
アクセス (3.0)
イベント充実 (3.5)
グルメ (4.0)
アウェイお楽しみ (3.2)

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集

移籍情報