【明治安田J3 第4節】大石治寿の2試合連続ハットトリックで藤枝MYFCが逆転勝利!FC今治は四国対決を制し、待望のJ初白星

2020年7月15日(水)

岩手 1-3 藤枝|北上総合運動公園北上陸上競技場

33分、岸田和人の2試合連続得点となるPKで岩手が先制。しかし、藤枝は交代出場の大石治寿が58分の同点ヘッドに続き59分に華麗なループを決めて一気に逆転。大石は65分にも追加点を決めて2試合連続ハットトリックを達成し、藤枝が逆転勝利を飾りました。

沼津 0-0 相模原|愛鷹広域公園多目的競技場

沼津は中山雄希の4本を筆頭にシュート数で11-6と相模原を圧倒。87分には中山がドリブル突破から決定的な一撃を放つも、相模原はカバーに入った田村友が頭でクリアしてゴールを死守し、引き分けとなりました。

YS横浜 1-2 八戸|ニッパツ三ツ沢球技場

1点を追う八戸は、51分に高見啓太の同点ゴールで反撃の狼煙を上げると、81分に河津良一が強烈なヘディングシュートを押し込み、逆転で今季2勝目。YS横浜は3連敗を喫し、今季初勝利はお預けとなりました。

長野 2-1 福島|長野Uスタジアム

18分に佐相壱明のゴールで先制した長野に対し、福島は交代出場のトカチが74分に今季初得点となる同点ヘッド。しかし、89分に三田尚希がPKを落ち着いて決め、長野が土壇場で勝点3をつかみ取りました。

富山 0-1 秋田|富山県総合運動公園陸上競技場

秋田は後半に入って富山に押し込まれる場面が増えたものの、77分に相手のクリアミスを見逃さずに攻め込み、井上直輝が流し込んで先制点を奪取。このゴールを守り抜き、4試合連続無失点で開幕4連勝を飾りました。

讃岐 0-3 今治|Pikaraスタジアム

11分に玉城峻吾の先制ゴールで1点をリードして折り返した今治は、後半に入っても攻撃の手を緩めず、49分に片井巧、79分には岡山和輝が追加点。四国対決を制し、記念すべきJリーグ初勝利を挙げました。

熊本 1-0 G大23|えがお健康スタジアム

56分、唐山翔自との1対1の場面をGK内山圭が好セーブでしのいだ熊本は、その3分後の59分に谷口海斗のチャンスメイクから伊東俊が決勝点を奪取。開幕からの連勝を4に伸ばしました。

鹿児島 1-2 鳥取|白波スタジアム

14分にゴール前の混戦から失点を許した鳥取は、31分に三沢直人が直接FKをゴール左隅にねじ込んで同点。さらに45+3分に相手GKのミスを突いた坂井大将の逆転弾が決勝点となり、今季初の連勝を果たしました。

C大23 2-0 岐阜|ヤンマースタジアム長居

前半アディショナルタイム1分に澤上竜二の2試合連続ゴールで先制したC大23は、68分に西本雅崇が狙い澄ましたミドルシュートをゴール右隅に鮮やかに決めて今季初勝利。対する岐阜は今季初黒星と明暗が分かれました。

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集

移籍情報