【讃岐 vs 沼津】不動、清水健太。

2020年8月1日(土)


もし、開幕からGKが清水健太だったら。と、マイナス思考になってしまうほどカマタマーレ讃岐の攻守は噛み合わず第7節までJ3リーグで唯一未勝利、最下位に沈んでいる。清水に話を聞いた。

Q:お疲れさまです。未だ未勝利。最後部からみて、今のチームに足りないもは何でしょうか。
A:一つひとつのプレーへのこだわりだと思います。

Q:開幕から2試合、控えに回りました。私には意外だったのですが、その時の清水選手の素直な気持ちを教えてください。
A:年齢を考えると不自然なことではないと感じました。まだまだやれる自信はあります。

Q:サッカーを離れて、気分転換にしていることを教えてください。
A:シーズン中なので難しいですけど、美味しいものを食べて気分転換しています。

Q:沼津戦、初勝利にかける思いとファンサポーターにメッセージをください。
A:徐々に勝利に近づいている手ごたえはあります。まずは1勝して、上昇のきっかけをつかむ試合に出来ればと思います。

決して多くは語らない。だが、清水の言葉には、現状を冷静に分析、判断する落ち着きが溢れている。

前節C大阪23戦、試合終了後のインタビューで清水は次節への意気込みをこう語った。「確実に勝利に近づいている手ごたえは感じています。1つ、この山を乗り越えれば、十分、このリーグで戦っていける力はあると思うので、そのきっかけになる試合にしたいです」

「ALL FOR SANUKI 」今季初勝利に向かって、カマタマ愛を結集したい。


文:大森一<オフィスひやあつ>(讃岐担当)


明治安田生命J3リーグ 第8節
8月2日(日)18:00KO ピカスタ
カマタマーレ讃岐 vs アスルクラロ沼津
Pikaraスタジアム(カマタマーレ讃岐)
みんなの総合評価 (3.3)
臨場感 (3.0)
アクセス (2.6)
イベント充実 (2.7)
グルメ (3.4)
アウェイお楽しみ (3.1)

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集