【栃木 vs 新潟】矢野貴章が古巣に牙をむく。「僕らはどこと闘おうと変わらない」

2020年8月1日(土)


今季、新潟で愛されながらも決意の移籍を果たした矢野貴章は、すでに栃木の欠かせないFWとして君臨している。

過密日程もなんのそのだ。ここまで主にスタメンとして全8試合に出場し、2ゴールを記録。4節千葉戦では瀬川和樹からの注文取りのハイクロスをDF2人に競り勝って叩きつけたファインゴール。守備ではハイプレスの矢となり、二度追いも辞さない献身ぶり。期待していたとおり、これぞ矢野という活躍ぶりである。
奪ったボールを手数をかけずに相手ゴール前へ、という栃木のスタイルとの相性の良さもあるだろう。すでにチームに溶け込み、やるべきハードワークの中に身を投じながら、迷いなく前進しているように見える。

中2日で迎えた前節群馬戦も、“温存”された矢野は後半の頭から出場を果たし、前線の核となってチームの今季3勝目に貢献した。すると試合後には自身のTwitterに「勝ち負けだけではなく課題、改善、成長していけるようなチームになってきていると思います」と書き込み、ロッカールームで勝利を分かち合う仲間たちとの写真を添えた。
「試合を重ねるたびに課題は出てくるものですが、このチームはみんなが良くしたいと思っているし、この何試合かは実際に良くなっている部分がすごくあるんです。中2日で迎えた前節の群馬戦も、新たに試合に絡むメンバーたちも含めて、絶対に勝とうと一つにまとまろうとする意志を強く感じられたことは本当に良かった」
矢野は栃木での充実ぶりをそう語った。

こうした状況のなか、今節は、いよいよ古巣の新潟をホームに迎える。過去に通算9年間も在籍した古巣戦を前に、矢野は「知っている選手もたくさんいるし、対戦できるのが楽しみ」といい、矢野のプレーに注目しているだろう新潟のサポーターには「僕がサッカーをしている姿を見たいと思っていると思うので、栃木で元気にやっている姿を見せることができたら」とメッセージを寄せた。

新潟はボール保持に拘りながら押し込み、栃木はボール保持に拘らずに一撃を狙う、という両チームの一戦だ。矢野は新潟戦の展望をこう語る。
「新潟は選手がかなり変わっていますが、選手層は厚いし、色々な選択肢を持っているチームだなと。得点力も高いので手ごわい相手なのは間違いありません。ただ、僕らのスタイルはどこと闘おうと変わりません。チームで連動してプレッシャーをかける。一つになり、より強度を高めて戦う。新潟戦も栃木の戦いを貫きたいと思います」

今節も「栃木の矢野」が見られるだろう。高く、強く、泥臭く――。矢野が古巣に牙をむく。


文:鈴木康浩(栃木担当)


明治安田生命J2リーグ 第9節
8月2日(日)18:00KO 栃木グ
栃木SC vs アルビレックス新潟
栃木県グリーンスタジアム(栃木SC)
みんなの総合評価 (3.8)
臨場感 (4.2)
アクセス (2.9)
イベント充実 (3.3)
グルメ (4.0)
アウェイお楽しみ (3.4)

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集