【明治安田J1 第8節】サガン鳥栖が追撃をかわして今季初勝利!首位の川崎フロンターレは上位対決を制して破竹の7連勝

2020年8月1日(土)

仙台 0-1 横浜FM|ユアテックスタジアム仙台


スコアレスドローが濃厚かと思われた後半アディショナルタイム5分、横浜FMは交代出場のマルコス ジュニオール(写真)がクロスのこぼれ球を見逃さずに決めて値千金の決勝点!今季リーグ戦初のアウェイ勝利を収めました。

横浜FC 0-2 広島|ニッパツ三ツ沢球技場


広島は22分に東俊希のパスを受けて抜け出した森島司(写真)が先制点を決めてリード。37分にはドウグラス ヴィエイラが追加点を押し込んで、第2節以来となる勝点3を挙げました。横浜FCは4連敗を喫しました。

名古屋 0-1 柏|豊田スタジアム


3連勝同士の一戦は、71分、江坂任の浮き球のパスをオルンガ(写真)がワンタッチで流し込んで柏が先制。オルンガの4試合連続得点となる今季9点目で競り勝ち、4連勝を飾りました。名古屋は今季初の敗戦となりました。

浦和 1-1 清水|埼玉スタジアム2002


54分にレオナルド(写真)が2試合連続ゴールとなる先制点を冷静に決めて浦和がリード。追う清水も86分にヴァウドが2戦連発となる同点ヘッドをねじ込んで試合を振り出しに。しかし、決勝点は生まれず、痛み分けに終わりました。

FC東京 2-3 鳥栖|味の素スタジアム


30分に石井快征の2試合連続得点で先制するも、39分にレアンドロの同点FKを許した鳥栖は、43分に森下龍矢(写真右端)がJリーグ初得点となる勝ち越し点。56分に趙東建(写真右から2人目)が追加点を挙げると、FC東京の追撃をかわして待望の今季初勝利を果たしました。

湘南 0-1 C大阪|Shonan BMW スタジアム平塚


試合の均衡が破られたのは72分、清武弘嗣(#10)がPKをゴール左へ豪快に決めてC大阪が先制。このリードを守り抜いて3試合ぶりの白星で2位に浮上しました。シュート3本に終わった湘南は最下位転落となりました。

G大阪 0-1 川崎F|パナソニック スタジアム 吹田


無得点で折り返した後半序盤の48分、首位の川崎Fは大島僚太(写真左)が意表を突く強烈な一撃をゴール左隅へと突き刺して先制点を奪取。このゴールで競り勝ち、破竹の7連勝を飾りました。G大阪の連勝は4で止まりました。

大分 1-4 鹿島|昭和電工ドーム大分


5分に髙澤優也のゴールで大分が幸先良く先制。しかし、鹿島はエヴェラウド(写真中央)が15分、40分、55分とゴールを量産してハットトリックを達成。終了間際には伊藤翔がダメ押し点を決め、逆転で今季2勝目を挙げました。

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集