【甲府 vs 山口】中塩大貴、経験値を高めながら勝ち試合でポテンシャルの光を見せたい

2020年8月1日(土)


開幕戦(vs町田、0-0△)に先発したことで中塩大貴のポテンシャルや期待が大きかったことは分かるが、コロナ禍でリーグ戦が何度も延長されたなかで新井涼平がケガから復帰するなど状況が変わり再開後はスタメンの座を失った。3連戦の真ん中のターンオーバーではチャンスを掴んだものの第5節の東京V戦は2-4と悔しさにまみれてしまう。

今季の甲府は守備時は5バックとはいえ、比較的高いラインを保ちボールを奪いに行くので人数で守るベタ引きの5バックよりもオーガナイズが難しい。東京V戦は悪い内容ではなかったものの、失点シーンを振り返ればボールを奪いに行くが故の穴を突かれて脆さが何度も出てしまった。

2回目の3連戦のターンオーバーのチャンス・水戸戦(第8節)は2-2で引き分けたものの、東京V戦で何度も露呈した脆さを減らして――後半アディショナルタイムの失点は相当に悔しい経験になったが――勝点1をアウェイ戦で持ち帰ることはできた。中塩は「勝てる試合だった。それを手放したことは悔しい。チームとしてボールを奪いに行く、行かないの判断を合わせていきたい」と経験から更に学んだ。

今節はチームの遣り繰りの都合もあり、複数のポジションで連戦となる選手が出る見込みだが、中塩はDFラインで中3日のチャンスを得ることになりそうで、彼が望むことは「勝ちたい」。ここまで3試合に先発して2分1敗とプロになって勝利は未経験。負けて学ぶこともあるが、中塩に必要なことは勝って自信をつけながら学ぶこと。飄々とした雰囲気に悲壮感はなく、彼が持つ守備のセンスやパス出しの感覚は勝ち試合の中でキラリと光るはずだ。


文:マツオジュン(甲府担当)


明治安田生命J2リーグ 第9節
8月2日(日)18:00KO 中銀スタ
ヴァンフォーレ甲府 vs レノファ山口FC
山梨中銀スタジアム(ヴァンフォーレ甲府)
みんなの総合評価 (4.0)
臨場感 (3.5)
アクセス (3.3)
イベント充実 (4.1)
グルメ (4.2)
アウェイお楽しみ (4.0)

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集