【鳥栖 vs 横浜FC】「チームの底上げは俺に任せろ!」精度あるパスで前線をコントロールする樋口雄太なら、そう答えてくれるはず。

2020年8月4日(火)


新型コロナウイルス感染拡大の影響により、大会方式が大幅に変更されたYBCルヴァンカップ。約半年ぶりに行われる第2節(今節)を入れても、残り2試合となる。それだけに、第1節に敗れてしまった鳥栖にとっては、グループステージ突破のためには、大事な一戦となる。
とはいえ、今節を終えるとすぐにリーグ戦が控えているだけに、メンバーも大きく変更されるものと予想できる。リーグ戦に出場機会を得られていない選手や若手にとっては絶好のアピールチャンスともいえる。

だからこそ、この男に期待したい。
MF樋口雄太。下部組織で育ち、鹿屋体育大学を経て昨年加入した。今期のリーグ戦では3試合の出場にとどまっている。うち2試合は途中出場で、前試合となるFC東京戦で先発出場を果たした。
試合間隔が短いが、こんな時だからこそ「チームの底上げは俺に任せろ!」と言ってくれそうな選手なのである。
前試合では、セットプレーのキッカーも任された。精度あるパスとキックは健在である。誰がどこで出場するかはわからないが、チームをコントロールするためには、彼のパスは欠かせない。若手主体で臨むのであれば、なおさらのことである。

彼が下部組織に所属していた時から知る筆者にとって、期待せずにはいられない選手でもある。
トップチームの選手が練習するのを横目で見ながらリフティングをしていた雄太少年が、YBCルヴァンカップ初勝利の雄たけびを上げる姿を見てみたい。
チームの底上げは雄太に任せた!


文:サカクラゲン(鳥栖担当)


JリーグYBCルヴァンカップ 第2節
8月5日(水)19:00KO 駅スタ
サガン鳥栖 vs 横浜FC
駅前不動産スタジアム(サガン鳥栖)
みんなの総合評価 (4.6)
臨場感 (4.8)
アクセス (4.8)
イベント充実 (4.0)
グルメ (4.1)
アウェイお楽しみ (4.2)

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集

移籍情報