【川崎F vs 大分】大島僚太「打つ選択を持とうというところは心がけるようにしています」

2020年8月7日(金)


大島僚太がキャリア初の公式戦2連続ゴールを決めている。

リーグのG大阪戦、JリーグYBCルヴァンカップの鹿島戦と、同じようなエリアからシュートを決めているが、あの思い切りの良さはどこにあるのか。

淡々と「こぼれてきたので。相手も近くにいたので入らなくてもいいかな、くらいな感じでした」と話し始めた大島は「あまり、決めるという感じよりは、なんか、押し込むつもりではいましたが、相手も結構近くに居たので。入らないかなと思いましたが、入って良かったなと思います」と鹿島戦の得点を振り返る。

G大阪戦でもそうだったが、基本的にゴールへの執着は、ない。

その脱力ぶりが、逆にいいのかもしれない。そもそも今季はポジションが一列前に変わっており、シュートを打つという意識の部分で変化があったのだという。

「ポジションが少し前目になることが多いので。打てそうだなと思う時が試合中に結構あるんですが、その選択をしなかったときに、打ってみたらどうだったかなと、いうことがここ数試合、試合をしていて感じることが多いので。なるべくそういうところで打つ選択を持とうというところは心がけるようにしています」

そうした大島の変化とその結果の得点力について鬼木達監督は「率直に彼が得点を取ることに関しては嬉しく思ってます」と述べ、次のように説明する。

「そのためのポジション、配置というか。そういうところでもあると思いますし。今までもゲームへの影響力でいうと、ボールを握るだとか、そういうところでは絶大なものがありましたが、最後、ゲームは何で決まるかというとゴールのところなので。そこに、より多く参加できているというのは、今までの僚太プラス、そこで試合を決定づけられるというのは、より怖い選手になってきているという意味では嬉しく思っています」

大島僚太はこれまで川崎Fの中盤に君臨し、チームに絶大なパワーをもたらしてきた。その大島が一つポジションを前に上げたことで、ゴールという形で、直接的に試合結果に関わることが増えてきている。それは監督としては狙い通りなのだろう。

さて、その大島は自らの連続得点記録を公式戦3試合連続、もしくはリーグ戦2試合連続に伸ばすことができるのだろうか。ミドルレンジでの大島の働きに注目したい一戦だ。


文:江藤高志(川崎F担当)


明治安田生命J1リーグ 第9節
8月8日(土)19:00KO 等々力
川崎フロンターレ vs 大分トリニータ
等々力陸上競技場(川崎フロンターレ)
みんなの総合評価 (4.3)
臨場感 (4.3)
アクセス (3.7)
イベント充実 (4.5)
グルメ (4.1)
アウェイお楽しみ (4.0)

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集

移籍情報