【群馬 vs 北九州】群馬DF小島雅也 9節千葉戦でJ初ゴール! 不思議系SB。仙台、町田、金沢を経て群馬へ 才能開花の予感

2020年8月8日(土)


仙台、町田、金沢を経由して今季、群馬へ移籍してきた22歳のSB小島雅也が、どデカいチャンスをつかんだ。

前節千葉戦、1対1のスコアで迎えた後半アディショナルタイム、CKのこぼれ球を左足で冷静に決めて、値千金の決勝ゴール。J初ゴールによって、チームに4試合ぶりの勝利をもたらした。

小島は「それまでのピンチを、みんなが守ってくれたから。決勝ゴールは、チーム全員のゴールです」と、ZOOM会見で笑顔をみせた。

埼玉県出身。仙台ユースから、仙台へトップ昇格、期限付きで町田、金沢でプレーし、今季は完全移籍で群馬へやってきた。プロ5年目、勝負のシーズンだったことは確かだ。

クラブ公式サイト選手紹介によると、趣味は「ボーッとすること」。好きなタレントは乃木坂46の齋藤飛鳥。おとなしい性格であることは間違いないが、それ以外のプライベートは謎に包まれている。

今季は、3、4、7節で途中出場。当初は本職の右SBで起用されていたが、左SBでも起用されるようになった。途中出場では、チームが劣勢の場面でのプレーだったこともあり、縦に突っ走るほかに目立ったプレーは少なかった。プレーが雑な場面も多く、不安もあった。

しかし、8節栃木戦に左SBで先発すると、ゲームには負けたが、前への推進力と馬力あるドリブル、左右両足からのクロスで存在感を発揮。9節千葉戦では、ゲームに慣れたこともあり、サイドでイキのいいプレーをみせていく。経験値を得るたびに、ポテンシャルを開花させていった。

千葉戦では、後半アディショナルタイムに劇的な決勝点。「シュートコースが見えていたので、決めるだけでした」(小島)。ファーへこぼれたボールを、確実に蹴り込んだ。冷静沈着なプレーも特長の一つだ。

運動量、積極性、スピード・・・客観的に分析すれば、小島はSBに必要なスキルの多くを兼ね備えている。試合経験を自分の力に変換していけば、大化けするかもしれない。今節、北九州戦、左サイドの弾丸に注目だ。


文:伊藤寿学(群馬担当)


明治安田生命J2リーグ 第10節
8月9日(日)19:00KO 正田スタ
ザスパクサツ群馬 vs ギラヴァンツ北九州
正田醤油スタジアム群馬(ザスパクサツ群馬)
みんなの総合評価 (3.7)
臨場感 (3.4)
アクセス (2.8)
イベント充実 (3.4)
グルメ (4.3)
アウェイお楽しみ (3.7)

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集

移籍情報