【札幌 vs 横浜FC】Jリーグデビューを果たしたタイ人GK。さらなる高みを目指し、グループステージ突破に貢献してみせる。

2020年8月11日(火)


8月5日のYBCルヴァンカップ2020グループステージ第2節の広島戦でGKカウィンが先発出場。札幌でのデビュー戦となった。これまでJリーグではチャナティップをはじめ横浜FMのDFティーラトン、清水のFWティーラシンなどフィールドプレーヤーはすでに複数のタイ人選手がプレーをしているが、GKはカウィンが初めて。このデビューはカウィン個人にとってもそうだが、Jリーグにとってもひとつのメモリアルな出来事になったといえる。

そして肝心のプレーのほうもおおむね上々だったと言える。1失点こそ喫したものの、終始冷静にプレー。ビルドアップ時のパスの受けという部分では若干の課題があったかもしれないが、配給のところは安定感があり、今後にさらなる期待を感じさせるものだった。コーチングのところについても「右、左、中を締めろ、といった言葉は言える」と自信を感じさせている。

今年2月にベルギーのOHルーヴェンから期限付き移籍で札幌に加入。タイ人GKとして注目を集めたが、同時に欧州でのプレー経験を持つ選手ということで、チームの守備力アップも期待された。

Jリーグについては「日本サッカー全体がすごくテクニカルだと感じていたので、以前から興味を持っていた」とし、「そのなかでもコンサドーレのサッカーは実際にやってみて面白く感じている」と明かす。

より具体的には「後方からしっかりパスをつないでサッカーをしているところがやっていて面白い。GKにも守備だけではなく攻撃も要求されるので、やりがいを感じている」と説明。札幌が目指す攻撃的なスタイルにもすでに十分にフィットしている様子だ。

ただし、広島戦でデビューを果たしたものの、そこで満足をしている様子はまったくない。「とにかく目の前の試合に集中して準備し続ける」とこの横浜FC戦でもチャンスを掴み、そしてチームの勝利、グループステージ突破に貢献すべく全力を注いでいる。

ちなみに私生活にも軽く触れると、納豆が大好きだそうで「毎日必ず食べている」とのことだ。


文:斉藤宏則(札幌担当)


JリーグYBCルヴァンカップ 第3節
8月12日(水)19:00KO 札幌ド
北海道コンサドーレ札幌 vs 横浜FC
札幌ドーム(北海道コンサドーレ札幌)
みんなの総合評価 (4.2)
臨場感 (4.1)
アクセス (3.9)
イベント充実 (3.8)
グルメ (3.6)
アウェイお楽しみ (3.4)

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集

移籍情報