【愛媛 vs 山形】“空気を読まない”三原秀真の驚くべき成長速度

2020年8月11日(火)


記念すべきJ初ゴールは、まさしく“ゴラッソ”と呼ぶべき華々しいモノだった。
前節・金沢戦の前半36分、CKの混戦からこぼれ出たボールはペナルティアーク付近に陣取っていた三原秀真のもとへ回ってきた。三原は軽くトラップでボールをコントロールすると、そのまま右足を振り抜き、圧巻のドライブボレーシュートは豪快にゴールネットを揺さぶった。

「浮き球が自分のところに転がってきて、そのままトラップして落とさずに打つというのはイメージとしてあった。前の試合でのアシストもそうだけど、こんなに早くアシストもゴールもできるとは思っていなかった」

三原は後半にも鋭い縦パスを前線へ通して丹羽詩温のゴールをアシスト。リーグ戦出場はまだ4試合ながら、試合ごとに目に見えて成長が見てとれるルーキーの躍動ぶりは、長らく白星から遠のいているチームの中で数少ない希望の光と言える。

三原は高校1年次よりトップチームの練習に参加するなど、かねてからアカデミー希望の星として期待されていた存在。しかし、年代別日本代表にも名を連ね、着実にキャリアアップして辿り着いたトップチーム昇格だが、今季開幕戦では途中出場でピッチに立つも気合いが空回り。ほとんどアピールできないまま試合を終え、それ以降はしばらく出番を失った。
だが、三原はミスで落ち込むタイプの選手ではない。むしろミスを恐れず、覚悟を決めて貪欲にチャレンジするタイプである。連戦でチームが疲弊する中、第8節・福岡戦でJ初先発の座をつかむと、そこで見せたプレーぶりは浮き足立っていた開幕戦と好対照なモノであった。サイドで果敢にハードファイトを挑み、機を見てゴール前にも顔を出す積極性。落ち着いて味方を使う成熟ぶりさえ見せていた。

「すごく感触が良かったし、すごく自信がついた」

川井健太監督も「良い意味であれくらい空気を読まずにガツガツ行ってくれることに頼もしさを感じる」と三原を高く評価。現在3戦連続先発起用中だが、すでに期待を込めて起用する時期は終わっているはず。求めているのはチームを勝利に導くプレーだと言って良いだろう。

まだまだプレーは荒削りな部分が多いが、伸び代しかない成長過程の19歳。次の試合ではどんなプレーを見せてくれるのか、楽しみで仕方がない。


文:松本隆志(愛媛担当)


明治安田生命J2リーグ 第11節
8月12日(水)19:00KO ニンスタ
愛媛FC vs モンテディオ山形
ニンジニアスタジアム(愛媛FC)
みんなの総合評価 (3.6)
臨場感 (3.2)
アクセス (2.3)
イベント充実 (3.8)
グルメ (4.0)
アウェイお楽しみ (3.7)

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集

移籍情報