【大宮 vs 磐田】奥抜侃志、望まれる“ストライカー”としての覚醒

2020年8月11日(火)


やっと、と言っていいだろう。奥抜侃志が明治安田生命J2リーグ第10節の新潟戦で決めた先制ゴールは、今シーズン7試合目での自身初ゴールだった。

得点に絡んだ3者のイメージがしっかりとかみ合ったゴールとなった。黒川淳史がボールを持って前を向くと、右に寄っていた奥抜も中央へポジション移動。くさびのパスを受けた富山貴光はそのまま落とす選択もあり得たが、反転して裏へスルーパス。奥抜は富山にボールが入った時点からスピードアップし、そのままスルーパスを押し込んだ。

「新潟の2人のセンターバックが前に強いというのは僕もトミくん(富山)もわかっていたので、その背後はお互いに意識しながら狙ってました。いい感じに抜け出せて良かった」

今季初ゴールをそう振り返った奥抜だったが、その顔には喜びはなかった。その直後の12分には、やはり同じ3人の連動で決定的なヘディングシュートを放ったが、クロスバーを舐めた。新潟に同点ゴールを許し、そのままドローで終わったという結果に、「2点目を決められなかったほうが僕としては納得いってない」と悔しさをあらわにした。

一昨年、そして昨年とJ1参入プレーオフのピッチに立ち、目の前でJ1昇格の権利を失った。それだけに、今年に懸ける思いは強い。

「今年は目に見える結果をすごく意識しています。常にゴールを一番に考えてプレーしてますし、僕が取らないと、と思っています」

1トップ2シャドーのシステムにおいて、シャドーはセカンドストライカーなどとも呼ばれるが、点を取る意味においてはファーストでなければならないポジションである。連戦にあって、ライバルの多いポジションでもあり磐田戦での出場は不透明だが、これまでもチャンスは少なくなかった奥抜には、栓が外れた後の量産を期待せざるを得ない。

「待っていてください」。

そう胸を張った奥抜のストライカーとしての覚醒が、チームを目標へとけん引する。


文:土地将靖(大宮担当)


明治安田生命J2リーグ 第11節
8月12日(水)19:00KO NACK
大宮アルディージャ vs ジュビロ磐田
NACK5スタジアム大宮(大宮アルディージャ)
みんなの総合評価 (4.4)
臨場感 (4.8)
アクセス (4.2)
イベント充実 (3.7)
グルメ (3.3)
アウェイお楽しみ (3.4)

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集

移籍情報