【琉球 vs 甲府】「思わぬ姿」ではない山口和樹のボランチ起用

2020年8月11日(火)


第10節・東京ヴェルディ戦。スターティングメンバーには山口和樹の名前があった。先発起用4試合目となるこの試合。トップ下、またはFWとしてこれまで起用されていた中、このアタッカーの存在をどのように生かすのかと興味をわかせながら試合開始を待った。

ところがいざ始まると、山口は上里一将とドイスボランチを形成していた。
「すごく緊張していました」と山口。プロになって初めて経験するボランチでのプレー。ひとつのミスが失点につながるポジションだからこそ、試合開始直後はボールを受けて蹴るというひとつひとつの動作がぎこちなかったと振り返る。

なぜ山口をボランチに起用したのか。ひとつは怪我人を多く抱えているチーム事情にある。特にボランチは上里に頼らざるを得ないという状況といえる。とはいえ、決して急場しのぎというわけでもない。実はそのような台所事情になる前から樋口靖洋監督は山口をボランチで起用するタイミングを図っていた。彼の最大のメリットである運動量を活かしたかったからだ。

「一番期待していたのは運動量でスペースをカバーする動き。はじめこそボールを蹴るところから緊張感が伝わってきたけれども徐々に動きが良くなった。パスコースを消す動き、そこからリズムを作ってボールを受け始めるとつなぎ役としても機能した。初めてやった割には彼の運動量がチームに影響を与えてくれた」と、指揮官は及第点を与えた。加えて「飛び出すシーンをもう少し増やしてくれれば」と、さらなる可能性を引き出してほしいという注文も付けた。

「カズさんとか(リ・)ヨンジ君、(鈴木)大誠とか、いろんな声をかけてくれて救われた。パスをはたいてもう一回動いてというのが自分のスタイルだと思うし、カズさんからもそこを出していこうと言われてきていた。それが途中から出せるようになりプレーするのが楽しかったです」。

チームメイトから背中を押され、ボランチでのプレーに好感触を得た山口。こういう緊急事態になったからこそ急ぐ必要はあったものの、可能性を信じ準備を重ねていたからこそ、よどみなくプレーに集中する姿があった。一丸となってゴールを目指すチームビルディングが構築されているがゆえに実現できた策といえるだろう。


文:仲本兼進(琉球担当)


明治安田生命J2リーグ 第11節
8月12日(水)19:00KO タピスタ
FC琉球 vs ヴァンフォーレ甲府
タピック県総ひやごんスタジアム(FC琉球)
みんなの総合評価 (3.8)
臨場感 (3.4)
アクセス (2.8)
イベント充実 (3.6)
グルメ (3.8)
アウェイお楽しみ (3.7)

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集

移籍情報