【新潟 vs 山口】闘士ロメロ・フランクがゴールに迫る!

2020年8月11日(火)


戦う姿勢と前に向かう馬力が魅力のMFロメロ・フランクは、昨シーズンFC町田ゼルビアでキャリアハイとなる9ゴールをマーク。得点感覚を、3年ぶりにプレーするアルビレックス新潟でも発揮する。

開幕のザスパクサツ群馬戦で、いきなり復活のゴール。前節・大宮アルディージャ戦では、CKのクリアボールを胸トラップでコントロール、左足を振り抜いたことが奏功し、混戦で相手選手に当たってコースが変わり、ゴールネットを揺さぶった。開始5分で先制される苦しい展開だったが、26分のこのゴールで追いついたチームは1-1で引き分け、勝点1を積み上げた。

大宮戦のゴールを喜んだのは、自身にとってビッグスワン初ゴールでもあったから。しかし、チームでチャンスを多く作りながら決め切れず、3試合連続で引き分けた現実に、しっかりと目を向ける。

「チームは今、誰が出ても同じスタイルでプレーできている。それが自分たちの強みになりつつあるし、チームが成長していると感じるところでもある。でも大宮戦もチャンスはたくさんあった。後は決めるだけだと思う」

ゴールに向かって、ただ突進するだけではない。確かな足下の技術、そして大宮戦のゴールがそうだったように、思い切りの良いプレーも、推進力の質を高める要因となっている。

「大宮戦のように、間、間でボールを受けて前を向き、ボールを運んで崩したり、ラストパス、シュートを狙いたい」

チームの成長スピードを、さらにアップさせるために。闘士は全力で走り続け、持ち味を存分に発揮する。


文:大中祐二(新潟担当)


明治安田生命J2リーグ 第11節
8月12日(水)19:00KO デンカS
アルビレックス新潟 vs レノファ山口FC
デンカビッグスワンスタジアム(アルビレックス新潟)
みんなの総合評価 (4.4)
臨場感 (4.1)
アクセス (3.8)
イベント充実 (4.1)
グルメ (4.5)
アウェイお楽しみ (4.2)

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集

移籍情報