【京都 vs 水戸】新境地で見せる中野克哉の新たな一面

2020年8月11日(火)


明治安田生命J2リーグ第8節 岡山戦で今季初先発を果たした中野克哉が、3試合連続でスタメンに名を連ねている。昨年は大卒ルーキーながら開幕スタメンに抜擢されたように、今年の過密日程の中でチャンスが与えられること自体は不思議ではない。意外なのは起用されているポジションだ。持ち味のドリブル突破やスピードを発揮しやすいサイドハーフやウイングではなく、3人の選手を並べる中盤の一角、インサイドハーフやセンターハーフと呼ばれる位置で出場を続けている。

實好監督は「運動量があって、守備の勘もしっかりしている。カツ(中野)とも話をしているが、彼も『プレーしていてやりやすい』と言っている。(あのポジションの役割として)かき回してもらいたいし、つなぎやドリブルの仕掛けもやって欲しい。要求は多いけれど、積極的にやってくれています」と起用の理由を語り、評価もまずまずだ。

前節の山形戦ではピーター ウタカが4得点をあげてチームを勝利に導いたが、中野はそのうち2点をアシストした。1点目は最終ラインの安藤淳からの縦パスを受けたウタカが右サイドへ展開し、パスを受けた中野が利き足とは逆の右足でクロス。パス&ゴーでエリア内へ走りこんでいたウタカがヘッドで叩き込んだ。2点目はハーフウェイラインやや後方でボールを持ち、得意の左足でロングフィード。前線で裏のスペースへ動き出していたウタカへ正確なボールがとおり、エースが巧みに流し込んでいる。

ウタカの決定力がクローズアップされる格好となったが、3点目の野田隆之介のポストプレーや、4点目の本多勇喜のアーリークロスも含めて、チームとしてウタカの動きを生かすことができたからこその逆転劇だった。實好監督によると、ウタカは4得点について「いいボールが来たからだよ」とチームメイトに感謝していたという。中盤の選手は守備の負担が大きく、中野も攻守の役割について「どちらかを重視するんじゃなく、5:5の割合で攻撃と守備をこなさないといけない」と説明する。夏の厳しい環境下でそれをこなすのは大変で、守備面においては課題も見られるが、攻撃面で得点に絡んだことは自信につながるはずだ。

そうした新たな一面を見せる一方で、ゴールという結果にもこだわりを見せる。昨年は序盤戦でピッチに立ち続ける中、プロ初ゴールに近づきながらもネットを揺らせず、次第に出場機会を失っていった。「結果が全て。惜しい、じゃ全然満足はできません」。チームとしても、ウタカが10試合で9得点を叩き出す一方で、他の選手のゴールは4得点のみ。中野らがスコアラーに名を連ねるようになれば、攻撃に厚みが出てくる。

水戸戦は中3日の過密日程となることから、疲労の溜まっている選手とフレッシュな選手を入れ替えることも予想される。實好監督も真夏の5連戦を戦い抜く上で「練習でアグレッシブな選手もいる。そういった選手と(試合に出ている選手を)融合させていきたい」と話す。攻守に消耗の激しいポジション故に中野がスタメンかリザーブかは不透明だが、総力戦を強いられる連戦の中で存在感を高めているのは確か。その歩みを止めることなく、チームと共に成長を続ける。


文:雨堤俊祐(京都担当)


明治安田生命J2リーグ 第11節
8月12日(水)18:30KO サンガS
京都サンガF.C. vs 水戸ホーリーホック
サンガスタジアム by KYOCERA(京都サンガF.C.)
みんなの総合評価 (4.8)
臨場感 (5.0)
アクセス (4.3)
イベント充実 (3.9)
グルメ (3.9)
アウェイお楽しみ (4.2)

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集

移籍情報