【鹿児島 vs 富山】ホームで連勝を!鹿児島のスピードキング 米澤令衣の魅力とは

2020年8月13日(木)


“Chance favors the prepared mind”―チャンスは心の準備が出来ている者を好むー
チームメイトの田辺圭佑が前節のヒーローを自身のSNSでこう称えた。今季初ゴールを決めた米澤令衣の笑顔の写真と共に。
 
試合に絡めず苦しい時期もひたむきに努力する姿をチームメイトは知っていた。
コロナ渦でトレーニングが思うように出来ない時期にも、人しれず黙々と走る姿を私も見かけたことがある。「やり続けてきて良かった」米澤自身もこう振り返る。
「長野戦でのゴールは自主練で常にやってきた形だった。ゴールを見なくても体が勝手に動いた。シャケさん(酒本憲幸)から絶対パスが来ると信じて走るだけでした」
セレッソ大阪から共に鹿児島ユナイテッドFCに移籍した酒本からのパスを決めた。酒本もまた米澤のスピードとこれまでの努力を信じパスしたに違いない。

米澤にとって長野Uスタジアムは5年前、Jリーグデビューを果たした特別な場所だ。
当時セレッソ大阪からブラウブリッツ秋田へ期限付き移籍で加入したばかりだった米澤はこのスタジアムでプロとしての大きな一歩を踏み出した。その大切なスタジアムで獲得した今季初の得点。そして米澤は今シーズン、Jリーグ初年度から背負っていた“36”に背番号を変更した。ここからまた米澤の新しい歴史が始まる。

「ここで終わりじゃないので。シーズンはまだまだ続くので“結果を出すことにこだわって”やっていきたい。献身的に走る姿を見て欲しいです」と決意を語る。
鹿児島にニューヒーローが誕生した。怪我から復活する選手への期待も大きい中、厳しいポジション争いがまた鹿児島を強くするだろう。
前回のホームゲーム大敗の悔しさを我々は誰も忘れていない。
真夏のホーム2連戦―白波スタジアムでの連勝をサポーターに魅せようではないか。


文:有賀真姫(鹿児島担当)


明治安田生命J3リーグ 第10節
8月15日(土)19:00KO 白波スタ
鹿児島ユナイテッドFC vs カターレ富山
白波スタジアム(鹿児島ユナイテッドFC)
みんなの総合評価 (4.2)
臨場感 (3.8)
アクセス (3.7)
イベント充実 (4.1)
グルメ (4.5)
アウェイお楽しみ (4.0)

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集

移籍情報