【明治安田J1 第11節】首位の川崎フロンターレが頂上対決を制してJ1新記録の10連勝を達成!

2020年8月19日(水)

川崎F 5-2 C大阪|等々力陸上競技場


7分にブルーノ メンデス公式戦3試合連続ゴールで先制した暫定2位のC大阪に対し、首位の川崎Fは21分の脇坂泰斗の同点FKと42分の家長昭博(写真右)のPKで逆転。打ち合いとなった頂上対決は、53分の小林悠(写真中央)のリーグ戦2試合連続ゴールが決勝点となり、川崎FがJ1新記録となる10連勝を飾りました。

横浜FC 1-0 鹿島|ニッパツ三ツ沢球技場


横浜FCは25分にゴール前のこぼれ球を皆川佑介(写真)が見逃さずに押し込み、今季初得点で先制。1点を追う鹿島はシュート13本の猛攻を見せるも、横浜FCが最後までゴールを許さず、初のJ1連勝を果たしました。

湘南 0-1 名古屋|Shonan BMW スタジアム平塚


スコアレスドローが濃厚となった90+2分、マテウス(#16)が右CKからゴール前に入れたボールがオウンゴールを誘発し、名古屋が土壇場で先制に成功。接戦を制して暫定3位に順位を上げました。湘南は奮闘実らず5連敗となりました。

清水 3-4 横浜FM|IAIスタジアム日本平


横浜FMは84分にジュニオール サントス(#37)のこの試合2点目で勝ち越すと、その2分後に渡辺皓太がダイビングヘッドで連続得点。90分に金井貢史のゴールで清水に1点差に詰め寄られるも、追撃を振り切って3試合ぶりの勝点3を積み上げました。

G大阪 1-3 浦和|パナソニック スタジアム 吹田


関根貴大(写真中央手前)とレオナルド(写真中央奥)のゴールで2点をリードして折り返した浦和は、57分に武藤雄樹が今季初得点となる3点目を決めて勝負あり。G大阪の反撃を井手口陽介の1点に抑え、今季2度目の連勝で暫定4位に浮上しました。

神戸 2-3 柏|ノエビアスタジアム神戸


柏は77分にオルンガのリーグ戦7試合連続ゴールで逆転に成功。89分にドウグラスのゴールで神戸に同点とされるも、90+4分に古巣対決となる三原雅俊(写真)のクロスがゴールネットに直接吸い込まれ、劇的勝利で今季6勝目を挙げました。

広島 3-3 FC東京|エディオンスタジアム広島


前半から激しい点の取り合いとなった一戦は、45分にレアンドロがリーグ戦2試合連続得点となる直接FKを決め、FC東京が1点をリードして後半突入。粘る広島は、終了間際の90+6分にゴール前のこぼれ球を川辺駿(#8)が押し込んで土壇場で引き分けに持ち込みました。

札幌 1-1 大分|札幌厚別公園競技場


前半終了間際の45+2分、右CKの流れから伊佐耕平が今季初得点となる先制点を奪って大分が先制。札幌は89分にルーカス フェルナンデスがアンデルソン ロペスとのパス交換で果敢に切り込んで起死回生の同点ゴールを奪取し、連敗を3で止めました。

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集