【明治安田J1 第12節】名古屋グランパスが10連勝中の首位、川崎フロンターレを撃破!内田篤人ラストマッチの鹿島アントラーズは起死回生の劇的ドロー

2020年8月23日(日)

名古屋 1-0 川崎F|豊田スタジアム


44分、名古屋は左サイドのマテウスからのクロスを金崎夢生(写真中央)が頭で流し込んで先制。強力な攻撃陣を擁する首位・川崎Fの猛攻をシャットアウトして注目の上位対決を制しました。快進撃を続けてきた川崎Fの連勝記録は10でストップしました。

鹿島 1-1 G大阪|県立カシマサッカースタジアム


G大阪は6分に左サイドを攻略した倉田秋の折り返しを小野瀬康介が押し込んで早々とリード。1点を追う鹿島は、90+5分に内田篤人のロングボールを起点となった攻撃から、最後は犬飼智也(写真)が起死回生の同点ヘッドを決め、執念の勝点1を奪取しました。

浦和 1-2 神戸|埼玉スタジアム2002


神戸が15分に小川慶治朗の今季初得点で先制するも、浦和は33分にトーマス デンが弾丸ミドルで同点弾。迎えた82分、神戸は途中出場の山口蛍が鮮やかなボレーシュートを突き刺して競り勝ち、4試合ぶりの勝点3を積み上げました。

FC東京 3-0 湘南|味の素スタジアム


37分に永井謙佑(写真)の今季初得点で先制したFC東京は、84分のディエゴ オリヴェイラに続き、90+3分に原大智がきっちりとダメ押し点。快勝でのホーム連勝で暫定4位に浮上しました。湘南はリーグ戦6連敗と厳しい状況が続きます。

横浜FM 3-1 広島|日産スタジアム


1-1の同点で迎えた60分、横浜FMはジュニオール サントス(写真)の2試合連続ゴールとなる強烈なヘディングシュートで勝ち越しに成功。90+3分にはエリキが試合を決定づける追加点を奪って今季初の連勝を果たしました。

C大阪 2-1 仙台|ヤンマースタジアム長居


暫定2位のC大阪は19分に坂元達裕の折り返しを受けた清武弘嗣(写真)の今季3点目で試合をリード。45+2分に蜂須賀孝治の同点ヘッドで仙台に追い付かれるも、60分に清武のスルーパスから坂元が決勝点を決め、首位・川崎Fとの勝点差を7に縮めました。

大分 0-0 柏|昭和電工ドーム大分


J1リーグ戦7試合連続ゴール中でJリーグ記録に並ぶゴールが期待された柏のオルンガは3本のシュートを放ったものの、ゴールネットを揺らすことはできず。両チーム共に決定機を作るも決めきれず、スコアレスドローで勝点1を分け合いました。

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集

移籍情報