【讃岐 vs YS横浜】ついに決めたJ初ゴール! 林友哉にゴールラッシュの予感!!

2020年8月29日(土)


今季初勝利は突然やってきた。前節八戸戦、先制しながらミスがらみで逆転されて前半を終えた讃岐。DAZNで観戦しながら、今節も勝利は難しいのかと思ったところに後半開始早々の同点弾、そこから3連続ゴール。讃岐はJリーグでの1試合最多得点記録を更新して、今季初勝利を手に入れた。

ハーフタイム、ロッカールームでのミーティングについて望月一仁監督に聞くと「前半は体が動けてなく、ミスが多かった。(ミスの)原因の矢印を自分に向け『自分が戦うんだ! ポジティブにサッカーをしよう! パワーをもって攻めるときは、みんなで攻めよう!』と伝えた」という。

讃岐の4ゴールのうちJリーグ初ゴールを含む2ゴール1アシストを決めた林友哉に話を聞いた。

Q:前節でJ初ゴール、しかも2ゴールしました。振り返ってください。
A:ようやくプロ初ゴールをとれて、よかったです。ゴールは周りのみんなの力で得点できたと思います。

Q:林選手がサッカーを始めたきっかけ、将来の夢を教えてください。
A:兄の影響で、サッカーを始めました。今シーズンの2桁得点です。

Q;林選手がいまハマっている事があれば教えてください。趣味は?
A:趣味は、愛犬と遊ぶことです。

Q:今節YS横浜戦への意気込みを聞かせてください。
A:ホーム初勝利をあげたい。特に、前からプレスをかけて、しっかり守備をする。そして、シュートの意識を高めたいです。

2018年に讃岐に加入した林。シーズン途中、高知ユナイテッドSCへの育成型期限付き移籍を経て、初年度2試合、昨季15試合、今季8試合、J通算25試合目の初ゴールだった。8月27日に21歳の誕生日を迎えたばかりの背番号27。夢を現実に、林友哉に期待したい。


文:大森一<オフィスひやあつ>(讃岐担当)


明治安田生命J3リーグ 第12節
8月30日(日)18:00KO ピカスタ
カマタマーレ讃岐 vs Y.S.C.C.横浜
Pikaraスタジアム(カマタマーレ讃岐)
みんなの総合評価 (3.3)
臨場感 (3.0)
アクセス (2.6)
イベント充実 (2.7)
グルメ (3.4)
アウェイお楽しみ (3.1)

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集