【明治安田J1 第14節】サガン鳥栖が再開初戦を快勝で飾る!前節に続き上位3チームは揃って白星

2020年9月5日(土)

 

札幌 0-2 広島|札幌厚別公園競技場

広島はハイネルのPK失敗もあり、無得点で前半を折り返すも、50分に柏好文の高精度のクロスをドウグラス ヴィエイラが頭で押し込んで先制。札幌の反撃をしのぎつつ、90分には途中出場の浅野雄也が追加点を奪って、5試合ぶりの勝利を収めました。

横浜FM 1-3 川崎F|日産スタジアム

横浜FMは2分にマルコス ジュニオールが電光石火の先制点を奪うも、首位の川崎Fは33分に三笘薫の2試合連続ゴールとなる同点弾で流れを引き寄せると、48分の家長昭博が逆転ゴール!さらにそのわずか2分後に三笘がこの日2点目を決めて神奈川ダービーを逆転で制しました。

清水 1-2 柏|IAIスタジアム日本平

35分に三丸拡のクロスを呉屋大翔が押し込んで先制した柏は、38分に江坂任が強烈なミドルシュートをねじ込んで2点をリード。90分にカルリーニョス ジュニオに頭で1点を返されるも、清水の反撃をこの1点に抑えて3試合ぶりに白星を手にしました。

名古屋 1-3 鹿島|豊田スタジアム

鹿島が和泉竜司と荒木遼太郎のゴールで2点をリードして折り返すも、名古屋は49分に稲垣祥のゴールで反撃。しかし、鹿島は63分に土居聖真が2試合連続ゴールを突き放して、今季初の3連勝を飾りました。名古屋は4試合ぶりの黒星となりました。

仙台 1-4G大阪|ユアテックスタジアム仙台

仙台は4分にアレクサンドレ ゲデスの先制ヘッドで幸先よく先制。しかし、G大阪は8分の山本悠樹、15分のアデミウソンのゴールで一気に逆転。前半終盤のPKをGK東口順昭が阻止してリードを守って折り返すと、倉田秋と井手口陽介もゴールを重ね、4試合ぶりに勝点3を積み上げました。

湘南 1-1 神戸|Shonan BMW スタジアム平塚

50分、ダイナミックな崩しから大岩一貴が先制ヘッドを押し込んで湘南が均衡破るも、神戸はそのわずか3分後に酒井高徳が狙い澄ました一撃を決めて同点。その後も一進一退の攻防を繰り広げるも引き分け。湘南はリーグ戦での連敗を6で止めました。

大分 0-1 FC東京|昭和電工ドーム大分

先制点が生まれたのは29分。右CKのクリアのこぼれ球を安部柊斗が左足ハーフボレーでの強烈な一撃を突き刺して、FC東京が先制に成功。FC東京は大分のシュートをわずか2本に抑えて手堅く勝利を収め、暫定3位をキープしました。

鳥栖 3-0 横浜FC|駅前不動産スタジアム

約1ヶ月ぶりのリーグ戦となった鳥栖は、11分に金森健志(写真左)がGKの股を抜く技ありの一撃を決めて先制。81分に林大地が追加点を挙げると、86分には小屋松知哉がカウンターアタックから追加点を決めて横浜FCを突き放して快勝。今季リーグ戦2勝目を挙げました。

C大阪 3-0 浦和|ヤンマースタジアム長居

48分、坂元達裕のクロスから都倉賢が今季初得点となる先制ヘッドを決めたC大阪は、74分に坂元のクロスがオウンゴールを誘って2点をリード。90+3分にはJ1初出場の藤尾翔太が試合を決定づける3点目を決めて完勝。今季2度目の3連勝を果たしました。

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集

移籍情報