【山形 vs 福岡】南秀仁、狭さを苦にしないスルーパサー

2020年9月8日(火)


数多くのチャンスシーンを作りながら、それに釣り合わない無得点がここ2試合続いている。守備の形を5バックに変えてきた前々節・山口戦は0-0、中央を閉じて外へ追い出す守備を徹底してきた前節・松本戦は0-1。その前の2試合で計7得点を挙げたことで、相手に対策されるのは当然のこと。今度はそれを打ち破っていかなければ、めざすJ1昇格はない。

多くの場合、相手ゴール前の守備には人数がかけられることになるが、山形にはそうした狭いゾーンでのプレーを苦にしない選手がいる。試合中は目立たないことが多い。シュートをたくさん打つわけでもなく、ドリブルなどボールを保持する時間が長いわけでもないためだ。ふだんはいわゆる「中途半端な」ポジショニングをとり、味方の2トップをいつでもサポートできる距離感を保つ。ボールが入ってくれば、相手と競り合う前に少ないタッチでスイスイと人垣を抜けていく。

無得点に終わった前回のホームゲーム・山口戦でも、南秀仁がいくつか重要なシーンに絡んでいる。

前半は右スペースに抜け、渡邊凌磨へ決定的なクロスを送ったり、山岸祐也とのワンツーからスルーパスを狙うと、後半の飲水タイム後にも北川柊斗を走らせる絶妙のスルーパスを送っている。終了間際、相手コーナーキックからの逆襲カウンターで、相手一人をかわしてドリブルで持ち上がり、狭い中央を狙ったスルーパスも見応えがあったが、ハイライトはその少し前の85分。左サイドで山岸からボールを預かると、アプローチに来た相手選手の股を通してニアゾーンを突いた山岸へスルーパスを通している。チームはノーゴールに終わったが、こうしたいくつものプレーが示すものはネガティブなものではない。ゴールへの糸口は必ずあると思わせてくれる。

昨季第11節、博多の森で行われた福岡戦では途中出場し、0-0で迎えた90分にカウンターから決勝点を突き刺している。背後へのランニングも増えた今季、プレーの質に見合うには、ゴールもアシストももっと多くなければならない。


文:佐藤円(山形担当)


明治安田生命J2リーグ 第18節
9月9日(水)19:00KO NDスタ
モンテディオ山形 vs アビスパ福岡
NDソフトスタジアム山形(モンテディオ山形)
みんなの総合評価 (3.7)
臨場感 (3.2)
アクセス (3.3)
イベント充実 (4.0)
グルメ (4.6)
アウェイお楽しみ (3.9)

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集