【愛媛 vs 北九州】過酷連戦も皆勤賞続く茂木力也が変わらず元気なワケ

2020年9月8日(火)


連戦に次ぐ連戦。コロナ禍により超過酷なイレギュラー日程で休む間もなく試合を迎える状況を強いられている今季のリーグ戦だが、茂木力也だけは何事もなかったかのようにいつもと変わらぬハードワークを繰り返している。

「試合が終わったあとはやっぱり体はキツいけど、まだ若いので(笑)。すぐ回復するから次の試合も大丈夫」

疲労を感じさせない穏やかな表情を浮かべる茂木は今季ここまで全試合にフルタイム出場。チームは各選手の疲労を考慮し、毎試合のように部分的にターンオーバーをおこなっているが、茂木だけはピッチから姿を消すことはない。

「僕は後ろの選手なので、前線の選手のようにずっと走っているわけではない」と自身は謙遜をするが、茂木は3バックの一角として守備で奮闘する一方、「茂木にはサイドバックとしての役割も求めている」(川井健太監督)と、サイドで推進力をつける攻撃面の期待に応える激しい上下動も持ち味。チームのダイナモとしての側面を持つほどのハードワーカーぶりを見せている。
ただ、茂木はそんな中でも疲れた素振りを見せるどころか、むしろ元気になっているというのだ。

「これだけ次から次に試合が続くと体も慣れてくる。逆に体力が付いているんじゃないかなと思うくらい。開幕戦のときよりも、いまの方が試合中の体は楽になっている気がする。普段だったら練習で(コンディションを)上げているところを、いまは試合で上げられている。練習でも体力は上がるけど、試合でも体力は上がるもんだなと感じている」

茂木は今季、要所で2得点を挙げるだけでなく、ゲームキャプテンを務める試合も増えるなど、プレー面に加えてメンタル面でもチームをけん引する逞しさを発揮している。複数クラブで激しく揉まれながら叩き上げられたそのタフさは、やさしさオーラに包まれた穏やかなピッチ外の姿とは真逆の印象。プロ6年目の23歳はいま、堂々と“若きチームリーダー”と表現できる選手に成長している。


文:松本隆志(愛媛担当)


明治安田生命J2リーグ 第18節
9月9日(水)19:00KO ニンスタ
愛媛FC vs ギラヴァンツ北九州
ニンジニアスタジアム(愛媛FC)
みんなの総合評価 (3.6)
臨場感 (3.2)
アクセス (2.3)
イベント充実 (3.8)
グルメ (4.0)
アウェイお楽しみ (3.7)

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集

移籍情報