【今治 vs 秋田】守護神GK修行智仁「良い攻撃につながる守備を」

2020年9月12日(土)


試合内容では主導権を握って善戦しつつも、思うように勝点を伸ばしきれていない今治。ここまでリーグ最多の6引き分け。何度となく上位勢へ食らいつくチャンスを得ながら試合内容に見合わない勝点ばかりが積み上がり、順位をリーグ10位へと落としている。

苦戦の要因として挙げられるのはやはり得点力不足と言わねばならない。ここまでの得点『13』はリーグワースト2位タイ。この現状を受けてチームはこの夏に澤上竜二、レオミネイロの実力派FWを補強し、課題克服を狙うも残念ながらまだその成果は得られていない。

そんな中でもしぶとく勝点を拾えているのは守備での奮闘に他ならない。前線から精力的に仕掛けるプレッシングで相手攻撃の狙いを絞り、中盤でピンチの芽を摘む。そこを突破されたとしても最終ラインが大きな砦となり、最後方には守護神・修行智仁がどっしり構える。

修行は守備に手ごたえをつかみつつも改善点はあると話す。
「守るだけではなく、守備から良い攻撃につながる守備をしたい。後ろだけじゃなく、良い奪い、良い守備から攻撃に転じていくのが理想」
攻撃と守備は表裏一体。そう考えれば、得点力向上のカギは守備にも潜んでいると言える。

修行は今季も開幕からゴールマウスを守ってきたが、第9節・藤枝戦で負傷。その後4試合の欠場を余儀なくされた。しかし、それは波に乗り切れないチームを俯瞰で見る良い機会にもなったようだ。
「コーチ役として他のGKのプレーをみて振り返ると同時に、自分がプレーするときだったらどうするか?という両面で見ていた。修正点も見つかったので、チームに落とし込んでいきたい」

今節の対戦相手は開幕から首位をひた走る秋田。その勝負強さもさることながら、ここまで失点『4』という圧倒的な守備力も今治にとっては大きな障壁になるだろう。
今節はロースコアゲーム必至。お互いの守備力が激突する中、今治の守備は“良い形の攻撃”へつなげることができるか。


文:松本隆志(今治担当)


明治安田生命J3リーグ 第15節
9月13日(日)15:00KO 夢スタ
FC今治 vs ブラウブリッツ秋田
ありがとうサービス.夢スタジアム(FC今治)
みんなの総合評価 (4.8)
臨場感 (5.0)
アクセス (4.0)
イベント充実 (3.8)
グルメ (4.0)
アウェイお楽しみ (2.2)

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集

移籍情報