【FC東京 vs 大分】遊び心あふれるDF中村拓海のワンプレー 非凡な駆け引きを「楽しめている」

2020年9月15日(火)


遊び心あふれるサイドバックが、ピッチを自在に走り回り、違いを見せようとしている。

プロ2年目のDF中村拓海は今季J1第12節湘南ベルマーレ戦で先発のチャンスをつかむと、そこから6試合連続出場を続けている。

「やることが明確になってきたので、そのレベルを上げていくことをやっていかないといけない」

昨季から課題の守備や、武器であるクロスの練習にも取り組み、地道な道程の成果はいま実りを迎えた。「若いし、思い切りの良さが売り」という右サイドを疾走する姿は、新たな東京の武器になりつつある。長谷川健太監督も、今季開幕前からその名前を挙げるほど、その将来性を高く評価してきた。そんな中村拓の才能の一端がよく分かるワンプレーがある。前節ヴィッセル神戸戦の後半5分の同点ゴールの起点となったパスだ。

渡辺剛からパスを受けると、素早く前を向き、ディエゴ オリヴェイラの利き足の右を狙って縦パスを通した。このパスで、ディエゴ オリヴェイラはワンタッチでターン。そのままゴール前へと侵入して、田川へとつなぎ、アダイウトンがゴールネットを揺らした。

「前から探しているので、そこでディエゴ(オリヴェイラ)や、(永井)謙佑君はいいところに入ってきてくれる。出しやすいですし、(自分の)体の向きとかでそっちに出さないという雰囲気や、目線も意識してつくっている。縦パスは良い感じで通っていると思う」

ゴールに近い選手からパスの選択肢の優先順位を高くするのはセオリーだが、こうしたプレーを正確に実践するには高い技術が求められる。また、その中での駆け引きを「結構(相手が)ひっかかってくれるので、ゲーム感覚で楽しくできている」と口にするところにも、彼の魅力が詰まっている。

FC東京は長年、日本代表サイドバックを輩出してきたが、その系譜にはいないタイプ。このサイドバックのプレーは、一見の価値がある。


文:馬場康平(FC東京担当)


明治安田生命J1リーグ 第24節
9月16日(水)19:00KO 味スタ
FC東京 vs 大分トリニータ
味の素スタジアム(FC東京)
みんなの総合評価 (4.0)
臨場感 (3.6)
アクセス (4.2)
イベント充実 (3.7)
グルメ (3.5)
アウェイお楽しみ (3.5)

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集

移籍情報