【C大23 vs 富山】その将来が楽しみな高校2年生、岡澤昂星

2020年9月17日(木)


明治安田生命J3リーグ第4節・岐阜戦で挙げた今季初勝利以降、勝利から遠ざかっているセレッソ大阪U-23だが、その岐阜戦でJ3初出場、初先発を果たしたのが、高校2年生の岡澤昂星だ。例年と同様、今季もU-18の選手が数多くプレーしており、その成長を見届ける楽しみもあるU-23だが、岡澤も将来が期待される一人。

「レベルの高い舞台でやっていくためには、技術面はもっとレベルを上げていかないといけないけど、ハードワークすること、チームのために走ることは意識して試合に臨んだ。絶対に勝ちたいという気持ちを強く持ってプレーした」(岡澤)岐阜戦以降、全試合で出場を続け、時にボランチで、時にサイドハーフでプレー。今季のU-23に欠かせぬ存在となっている。

小柄だが、優れたポジショニングからボールを奪う力に長けている岡澤。本職は「ボランチ」。武器は「しんどい時でも走れること、運動量では負けたくない。スプリント数にもこだわっている」と話す。お手本は、C大阪のアカデミーの先輩「山口蛍選手」だという。

「上がる星」と書く「昂星」という名前の由来は、「何かで、自分のやりたいことが見つかった時に、どんどん昇っていって欲しい」という両親の願いが込められているという。その“何か”がサッカーになった今、上だけを見てプレーしている。4試合ぶりにホームに戻る今節、今季2勝目を目指して挑む富山戦。若き力の躍動が見られることに期待したい一戦で、ピッチを走り回り、チームに貢献すべく奮闘を続ける岡澤の姿にも注目して欲しい。


文:小田尚史(C大23担当)


明治安田生命J3リーグ 第16節
9月18日(金)19:00KO ヤンマー
セレッソ大阪U−23 vs カターレ富山
ヤンマースタジアム長居(セレッソ大阪U−23)
みんなの総合評価 (4.3)
臨場感 (4.3)
アクセス (4.9)
イベント充実 (1.9)
グルメ (2.7)
アウェイお楽しみ (2.0)

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集