【磐田 vs 栃木】ジュビロ愛強い守護神・杉本大地の攻撃の起点になるプレーにも注目だ。

2020年9月18日(金)


J2第17節新潟戦で今季初先発のチャンスが与えられた杉本大地は、現在3戦連続でゴールマウスを任されており、レギュラーの座を掴んでいる。J2第18節水戸戦、J2第19節長崎戦と2試合連続での無失点に貢献し、新潟戦では、決勝点となったオウンゴールの際に素早くスローインを味方に預けてカウンターの起点となり、試合後にフェルナンド フベロ監督からも評価されたと言うプレーからチームの勝利に貢献。ただ出場した3試合で見事な活躍を見せながらも現状に満足している様子は感じさせていない。「(新潟戦は、)落ち着きや状況判断で違う部分があった。水戸戦はそこを修正してやったけど、まだまだ状況判断で間違った部分もあった。パスを繋ぐ場面と蹴った方が良い場面の状況判断やセットプレーで自分が出る状況判断の部分は修正していきたい」と更なる改善を目指している。特に前述した新潟戦での決勝点のようなゴールキーパーからのフィードやスローインがチームの攻撃を最大化させる武器にもなり得るだけに、常に周囲の状況をインプットし、そこへボールを届ける素早い状況判断と正確性がゴールキーパーにも求められている。横浜FMでも鍛えられてきた正確なフィードからチャンスの演出にも期待したいポイントだ。

今季横浜FMから磐田に加入した杉本は、中学時代にジュビロ磐田の下部組織に所属し、「もともとプロを目指すきっかけがジュビロだった。いつかヤマハスタジアムでジュビロのユニフォームを着て試合をすることが小さい頃からの夢だった」とジュビロ愛も強い選手だ。京都に所属していたプロ3年目の時には、ヤマハスタジアムでのアウェイゲームで出場チャンスが訪れると、胃腸炎を患いながらも「どうしても出たい」という思いからトレーナーに相談して出場するほどヤマハスタジアムでのプレーに憧れを抱いており、磐田のオファーを受けた際は、「(決断は)すぐでした。条件も聞いていないですもん(笑)」と即決し、「心は決まっていた」という古巣への復帰を実現させた。ただジュビロのユニフォームを着て初めてヤマハスタジアムのピッチに立った水戸戦は、スコアレスドロー。試合を通じて好セーブを見せて無失点に貢献しながらも「今必要なのは、勝つこと。それを求めてやっていきたい」とチームの勝利を渇望している。出場すれば、ヤマハスタジアムでの2試合目となる栃木戦。試合終了の笛が鳴ると同時に、サックスブルーサポーターの歓喜の中で杉本の笑みが見られる試合を期待したい。


文:森亮太(磐田担当)


明治安田生命J2リーグ 第20節
9月19日(土)19:00KO ヤマハ
ジュビロ磐田 vs 栃木SC
ヤマハスタジアム(磐田)(ジュビロ磐田)
みんなの総合評価 (4.2)
臨場感 (4.7)
アクセス (3.5)
イベント充実 (3.5)
グルメ (3.7)
アウェイお楽しみ (3.4)

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集

移籍情報