【岐阜 vs 長野】町田ブライト 次はホームで「決め切ります!」

2020年9月18日(金)


前節、八戸戦の前半17分。岐阜は左サイドで粟飯原尚平が相手のパスをカットすると一気にカウンターを発動。すぐに前線の川西翔太にボールを送り、川西は右サイドに開いた高崎寛之に展開。中央に出来たスペースに新人の町田ブライトが猛然と走り込んだ。そして高崎の折り返しを受け右足でシュート。記念すべきJ初ゴールが決まると同時に町田は両手を天に突き上げた。

「チームとして狙っていたカウンターから初ゴールを決めることが出来たのはうれしい。迷いなく打てた」(町田)

町田は異色のキャリアの持ち主だ。東京国際大2年時には関東2部で得点王を獲得。4年時に岐阜の練習に参加していたものの契約には至らず。それでも夢をあきらめず、北信越1部リーグのJAPANサッカーカレッジを経て、今季1年越しでFC岐阜に入団した。

「J3でも地域リーグに比べたら、はるかに自分の時間もあるし、レベルアップできる環境だと思う」(町田)

初出場は第5節の熊本戦。後半アディショナルタイムのわずかな時間だったが、特長であるゴールに向かう姿勢を見せ、スタンドからは大きな拍手が起きた。その後、自分の思うように出場時間を延ばすことはできなかったが、第13節YS横浜戦で初先発。そして2度目の先発となったアウェイ八戸戦で結果を出した。その陰にはチームメートの影響も大きい。

「自分の特長はフィニッシュを決め切れるところだと思っていますが、前田(遼一)さんや高崎さんのフィニッシュの冷静さはすごく勉強になっています。パルセイロ戦でも絶対にチャンスがあるので決め切ります!」

町田がホームでゴールを決めれば、サポーターも盛り上がることは間違いなし。大きな拍手で彼に力を与えてほしい。


文:斎藤孝一(岐阜担当)


明治安田生命J3リーグ 第16節
9月19日(土)19:00KO 長良川
FC岐阜 vs AC長野パルセイロ
岐阜メモリアルセンター長良川競技場(FC岐阜)
みんなの総合評価 (4.3)
臨場感 (3.5)
アクセス (3.3)
イベント充実 (4.3)
グルメ (4.7)
アウェイお楽しみ (4.1)

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集

移籍情報